コロナウイルスの最近のいくつかの症例を受けて、東北地方では何百人もの不安な住民がコビド19検査のために地元の病院に群がっています。

PHOTO.INNニュース

タイ北部 - タイ

昨日12月2日、同時期に同じ場所に行った感染した不法帰国者に関する公式発表の後、フィチット州の娯楽施設を訪れた数百人の地元の人々が、コビド-19検査を受けるために地元の病院に群がっている。

ムアン地区のバードバーとクロコダイルロックパブの訪問者約200人は、ミャンマーのタチレク国境からコヴィド-19と不法に潜入していたフィーチット帰国者がいた時期と同じ11月28日から30日までに行ったと主張し、病院に駆けつけて検査を受けた。

PHOTO.INNニュース

フィーチット州知事ランサン・タンチャロエン氏の命令により、両娯楽施設は3日間閉鎖された。また、感染した帰国子女と同じ期間に会場を訪れた生徒がいたとの報告もあり、多くの学校が来週月曜日まで閉鎖された。知事は、ソーシャルメディア上で動揺している一部の人々に対応して、バーと学校は何も悪いことをしていないと強調した。

その他、デパートやレストラン、その他の娯楽施設での地域活動や懇親会は可能でしたが、厳しいニューノーマルポリシーやその他の健康規制の下で行われていました。

PHOTO.チェンマイニュース

チェンマイでも同様の状況が発生し、12月1日から約100人の不安な住民がコビド19の検査を求めて公立・私立の病院に殺到した。しかし、病院では、感染した帰国者と同様の旅行歴を持つ高リスク者と低リスク者のグループにのみ無料で検査を提供していた。

一方、チェンマイ副知事のウィーラパン・ディーオン氏は、当局は病気の感染を注意深く監視し、リスクグループの人々を調査しているので、パニックにならないようにと国民を安心させています。

"国内でのコビド19の再発は、チェンマイの観光産業にはまだ影響を与えていません。民間の観光業界もチェンマイ県はまだ安全だと前向きに考えている。今後のイベントや活動は延期されず、国内の観光客は隔離される必要はありませんが、ニューノーマル規制や健康規制を厳守してください」と副知事は強調しています。

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=–=–=–=–==-

私たちのニュースレターを購読することを忘れずに、スパムフリーの毎日のメールで私たちのすべてのニュースをお届けします。

フォローしてください フェイスブック, ツイッター, グーグルニュース, インスタグラム, チクトク, ユーチューブ, Pinterest(ピンタレスト, パーラー, フリップボード 或いは タンブラー

Facebookグループのディスカッションに参加しましょう https://www.facebook.com/groups/438849630140035/または下のコメント欄にご記入ください。

私たちと一緒に広告を出したい、またはあなたのビジネス、イベント、慈善事業、地元のスポーツなどを促進するために私たちについてのお問い合わせをしたいですか?私たちに電子メール Sales@ThePattayaNews.com

一般的なニュースチップ、プレスリリース、質問、コメントなどをお持ちですか?私たちは、SEOの提案に興味はありません。私達にメールを送ってください Pattayanewseditor@gmail.com

送信
ユーザーレビュー
0 (0 票)