タイ5県で6人の不法帰国者がコビド-19コロナウイルスで陽性反応を示す-詳細とタイムライン

バンコク

  • 7人の女性不法帰国者のうち6人がミャンマーから不法入国し、チェンマイ、パヤオ、バンコク、ピチット、ラチャブリの故郷に戻る前にコビド19の陽性反応が出ました。これにより、タイ国内の事件は、ここ数日で合計10件となり、全ての事件は、特にタチリークというミャンマーから不法に来たものである。
  • 彼らは全員、国境が閉鎖されているミャンマーのタチリーク地区の「1G1」と呼ばれる娯楽施設で働いていました。Tachiliekは、コビド19の拡散を止めるために、厳しいロックダウンに入り、その結果、ほぼすべてのビジネスが閉鎖され、それが多くの人が逃げた理由です。
  • いずれも地方の州検疫を行っておらず、Covid-19の検査を受ける前にすぐにいくつかの州に分散していました。彼らはすべて、公衆衛生当局の緊密な監督の下で、地方の病院に隔離されています。

先週、タイ・ミャンマー国境を不法に越えたばかりのタイ国内の女性7人のうち6人が、チェンマイ、パヤオ、バンコク、ピチット、ラチャブリの5つの州でコビド-19コロナウイルスの陽性反応を示した、と公衆衛生省は今日の午後発表した。

彼らは全員、先週チェンライ県に不法に国境を越え、国家検疫を行わずに翌日に故郷に戻る前に、ミャンマーのタチレク地区の同じ芸能会場で働いていたと報じられています。

最初のケース

パヤオからの女性初の帰国者(28歳)は、11月27日に自然ルートでチェンライ県に到着し、検疫をスキップした後、ビルマ人ライダーと一緒にバイクに乗ってメーサイのバスターミナルまで行き、そこからタクシーメーターを雇ってメーサイ地区の友人の賃貸アパートまで11月28日に移動したという。彼女は一人で滞在していたとされ、夜はフェイスマスクをして地元の市場に夕食を買いに行っただけだったという。

11月29日、パヤオ県から迎えに来ていた彼氏と夕方にシンガ公園へ。二人はビアガーデンでたむろしてマスクをしていたと報じられており、メインの混雑したステージには入らなかったという。

夫婦は翌日の11月30日にチェンライを出発し、その後、個人病院でコビド-19の検査を行ったチェンマイ県を訪れた後、自家用車で彼氏と故郷のパヤオに戻ったという。彼女は深夜にコビド-19の不審な症状が出たと報じられていたため、再び同県の地元の病院へ。

両病院での検査結果はコロナウイルスに陽性であった。彼女は12月1日から病院で隔離され公衆衛生当局の密接な監視下にあります。彼女の連絡先は追跡され、テストされ、隔離されています。

第二のケース

2つ目のケースは、11月28日(土)に自然ルートでチェンライ県に到着したバンコク出身の21歳の女性で、州の検疫を受けていませんでした。彼女はメーサイ地区のホテルに友人2人と30分ほど滞在していたと報告されていますが、彼女は発熱と喉の痛みの不審な症状を持ち始めたと報告されています。

患者はその後、グラブカーでチェンライ国際空港に移動し、午後1時40分頃にノックエアラインのDD8717便で首都ドンムアン空港に飛んだ。彼女はまた、空港からタクシーメーターを雇い、午後5時にウドムスク地区のコンドミニアムでパートナーと待ち合わせをしました。

11月29日(日)、彼女は午後4時30分頃に彼女の熱を治すために地域の近くのクリニックに行ってきました。

第三のケース

3人目のピチット出身の25歳の患者は、バンコク出身の患者と友人で、11月28日に国内線でピッツァヌロク空港に向かう前に、国境からドンムアン国際空港まで一緒に移動していたと伝えられている。彼女の友人は、その後、彼らがフェイスマスクを着用せずに地元のレストランで4人の友人と食事をしたと報告されているPhichitに彼女を迎えに来た。

11月29日と30日には、帰国子女は昼食、夕食、ペディキュアのために数カ所を訪れていた。彼女は毎晩、PhichitのBird BarとCrocodile Rockのレストランを訪れていたと報告されています。これらの場所は現在、当局とスタッフが検査を受けて調査中である。

彼女は12月1日、友人の1人がウイルスに陽性反応を示したと聞き、コビド19の検査を依頼した。彼女は症状を明らかにしなかったが、地元の病院で陽性反応が出た。患者は現在、州で隔離された状態にある。

第四のケース。

ラチャブリーの4人目の36歳の患者は、11月26日にミャンマーのエンターテイメント会場で働いていた時から、発熱や喉の痛みなどの不審な症状に悩まされていたと報じられている。彼女は11月29日に不法に国境を越え、国家検疫を行わずにすぐに友人の車で2人でチェンマイ国際空港に向かったという。

その後、午前10時40分にタイ・ライオン航空でドンムアン国際空港に飛び、午後12時にバンコクに到着し、タクシーのメーターでモーチットバスターミナルに向かった。その後、女性はバスでラチャブリーまで行き、ビッグCラチャブリーの前で降ろされ、バイクタクシーで同県の個人宅に向かった。

12月1日、彼女は最近ウイルスの陽性反応が出た同僚に注意を促され、コビド-19の検査を受けることにしました。彼女はまた、12月2日にコビド-19の陽性と診断され、現在は州で隔離されています。

第五、第六のケース。

現在チェンマイに滞在している年齢23歳と25歳の女性帰国者2人も、感染した仲間の発表を受けて11月30日に地元の病院でコビド-19の検査を受けました。2人とも翌日に陽性反応が出たため、現在はチェンマイの保健当局の監督の下、ナコーンピン病院で隔離されています。彼らは3人目の7人目と一緒にいたが、今のところコビド-19ウイルスは陰性である。これら2人の帰国者は無症状であると、当局者は述べた。

7人目の不法帰国者はまだウイルスの陽性が見つかっていないが、地元の州でも厳重な監視の下で検疫を行っている。伝染病課のソフォン・アイアムシリスタヴォーン課長によると、詳細は可能な限り早く明らかにされるという。

前述のように、これは、ミャンマーのTachileikでの厳格なロックダウンから逃れるために違法に国に入るタイの若い女性に関連付けられている過去数日間で10件のケースの合計数をもたらします。現地の状況については以下をご覧ください。

最近のタイ国内でのコビド-19感染者が出ているタイとの国境にあるミャンマーの町タチレクでコビド-19の状況が悪化している。

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=–=–=–=–==-

私たちのニュースレターを購読することを忘れずに、スパムフリーの毎日のメールで私たちのすべてのニュースをお届けします。

フォローしてください フェイスブック, ツイッター, グーグルニュース, インスタグラム, チクトク, ユーチューブ, Pinterest(ピンタレスト, パーラー, フリップボード 或いは タンブラー

Facebookグループのディスカッションに参加しましょう https://www.facebook.com/groups/438849630140035/または下のコメント欄にご記入ください。

私たちと一緒に広告を出したい、またはあなたのビジネス、イベント、慈善事業、地元のスポーツなどを促進するために私たちについてのお問い合わせをしたいですか?私たちに電子メール Sales@ThePattayaNews.com

一般的なニュースチップ、プレスリリース、質問、コメントなどをお持ちですか?私たちは、SEOの提案に興味はありません。私達にメールを送ってください Pattayanewseditor@gmail.com

 

送信
ユーザーレビュー
0 (0 票)