タイ首相、軍用住宅の不正使用疑惑で無罪判決

タイ

タイ憲法裁判所は今日の午後、政府の野党が提出した軍用住宅の悪用疑惑に関わる事件で、タイのプラユット・チャン・オチャ首相が無罪であるとの判決を下した。

まず、ここで前の話にひっかかる。

今日はタイのプラユット・チャン・オチャ首相の「Dデー」であり、軍用住宅事件の判決は1TP6日午後に予定されている。

憲法裁判所は、いくつかの理由で首相を無罪と判断した。その中には、以下のようなものが含まれていた。

-裁判所によると、首相は元陸軍の曹長であり、住宅手当を受ける権利があり、国家に多大な貢献をしていたという。これは、陸軍によれば、彼が首相であることとは何の関係もなく、彼が陸軍での以前の階級と地位に基づいていた。

-首相が泊まる家は法的にはゲストハウスの旗印であり、国の給付金である「福祉の家」ではありません。これが判決の大きなポイントの一つでした。

-プラウィット・ウォンウォン将軍やアヌポン・パオジンダ内務大臣のような政府のメンバーを含む、他の高官が同様の状況で定年を過ぎても法的違反をせずに滞在しているという前例が陸軍にはあります。(編集部注:タイの関連報道によると、実際には100人近くの現役の陸軍幹部が定年退職後に軍用住宅に同様の状況で滞在しているので、これは特別な状況ではなかった。)

-軍は異議を唱えず、首相が軍事基地に滞在した理由として述べた安全保障上の理由が正しいとの証拠が示されたと報じられている。

親民主派の抗議者や政府関係者からの即時の回答は得られなかった。 抗議者は午後4時にバンコクのラットプラオ交差点に集合する予定で、以前から、もし判決が無罪であった場合、それが有罪であったとしても、集団集会で不快感を示し、意見を述べると警告してきた。

送信
ユーザーレビュー
0 (0 票)