今日はタイのプラユット・チャン・オチャ首相の「Dデー」であり、軍用住宅事件の判決は1TP6日午後に予定されている。

タイ・バンコク

本日、2020年12月2日は、タイの首相が定年退職後も軍用住宅に滞在していたとされる注目度の高い事件について、タイ憲法裁判所による待望の判決が下された「D-Day」です。

この事件は、2月の討論会でこの問題が提起された後、主要野党のPheu Thaiによって3月にさかのぼって提訴された。

この事件は、プラユット首相が第1歩兵連隊内の住宅に滞在し、プラユット率いる軍事クーデターで国が乗っ取られた2014年以前からそこに居住していたプラユット・チャン・オチャ氏の自宅の問題を中心に展開されている。

野党議員は、首相が無料で公邸に滞在していることは、軍の規則を破っており、憲法に違反していると主張しています。彼らは、首相がタイ軍を退役した2014年9月に、その建物を明け渡すべきだったと主張しています。

一方、タイ軍は、首相が滞在する家は、軍の幹部に無料で提供される「いわゆる」福祉の家ではなく、「ビジターハウス」であり、法的にはゲストハウスに分類されているとしている。 彼らはまた、首相自身の声明とともに、首相は防衛大臣でもあるため、主に警備のためにその場所に滞在していると述べている。また、「国に貢献した」人は、陸軍指導部が評価したケースバイケースで、定年後も軍用住宅に住み続けることができるとしています。

パタヤニュースによると、引退した将軍が引退後に陸軍住宅に滞在しているのは首相だけではありません。プラウィット・ウォンウォン将軍やアヌポン・パオジンダ内務大臣のような政治的な役割を担っている将官も含めて、他の退役した将官の何十人もがそうしていると言われています。 首相が利益相反があるとされることで憲法違反を犯したと判断された場合、この事件はまた、現在政治の世界で活躍している他の多くの退役軍人にとっても、より広い範囲での法的前例となる可能性があります。

有罪判決を受けた場合、首相は首相の地位を返上しなければならず、内閣が無効になる可能性がある。政治の専門家の間では、憲法裁判所がどのような判決を下すかについて意見が分かれており、主に、憲法の書き方について厳格な保守的見解を取るか、より広くリベラルな見解を取るかにかかっている。

決定は今日の午後3時以降になると思われます。パタヤニュースは判決が出次第お伝えします。一方、民主化賛成派は今日の午後ラッドプラオの交差点に集まり判決を待っています。彼らの政府に対する主要な要求の一つは、首相の解任と辞任でした。

 

送信
ユーザーレビュー
4 (1 投票)