パタヤ・クリケットクラブ(PCC)がチェンマイ6回戦で準優勝。第1部の様子

パタヤ・クリケットクラブ(PCC)がチェンマイ6回戦で準優勝。第1部の様子

クライブ・ロジャース

PCCは、2020年11月27-29日に素晴らしいジムカーナグラウンドでタイから13の他のチームと一緒にチェンマイ6'sに参加しました。 この素晴らしいトーナメントには、プーケット、チャン島、パタヤ、バンコク、チェンマイからのチームと、チェンマイスクールクリケット協会(CMSCA)とチャン島の若者が参加し、その中にはハードボールクリケットをプレーしたことがない人もいました。 PCCは2月に行われたチェンマイ8'sでの成功を見習いたいと考えていましたが、最終的にはラムフンにスリリングな決勝戦で敗れてしまいました。

金曜日と土曜日に14チームがそれぞれ3試合を行いました。 各チームの順位によって、どのトロフィーを獲得するために準決勝と決勝を行うかが決まります。 上位4チームがカップ戦、5~8位がシールド戦、9~12位がボウル戦、最後の2チームがウッデンクスプーン戦の決勝戦を行います。 各試合は1イニングにつき5オーバーで行われます。 試合のスコアカード、表、統計は www.gymkhanasixes.com で見ることができます。

PCCはファイナルボールのスリリングな展開で大会をスタートさせ、両チームの今後のトーナメントの展望を示唆するものとなりました。 対戦相手は、バッティングを開始したランプーン。 タイ代表のチャンチャイ選手はウィーズ・マスタートン選手と対戦。 露のような外野と貧弱なバッキング、それにチャイチャイの4点と6点が重なって、最初のオーバーで18点を稼ぎました。 Jainishは次のボウリングをした。 Cherは深いミッドウィケットのSimon Weatherillにヒットダウンし、Chanchaiは2本目を取りに行った。 サイモン・Wは腕がいいので、それには至らず、18点でランアウト。 素晴らしいスタートを切り、決定的なウィケットとなった。ジャイニッシュのオーバーで11アウト。

サイモン・Wは、ジャイニーズのミスフィールドの礼儀で4を獲得したシェールにボーリングをして、2を打ち続けた。 3オーバーで40フォー1。ゲイリー・ポーターがボウリングし、ウィズとサイモンの好プレーで11オーバーに抑えられました。 バーニー・ランプレヒトが最後のオーバーを打ったが、シェールとチャンプはさらに多くのバウンダリーで彼の周りを回った。 最後のオーバーで21点を奪い、72フォア1、バッティングボーナスポイントを獲得してイニングスを終了しました。挑戦的なスコアでした。

PCCはウィーズMとルーク・ストークスの2人でスタートしました。 Wezは印象的なフォームで、3つの4番と2つの6番を打ち、9つのボールから31でリタイアしました。 ルークも同じように無駄なプレーを続け、ラッキーなことにバウンダリーに落とされてしまいました。 3オーバーで45フォア1、何も入っていませんでした。 シェールは、ゲイリー・ポーターが4アウトになっている間にも、しっかりとしたボウリングをしてくれました。 50フォア1。彼は最後のオーバーでサイモン・Wに交代し、勝利のために23ランを必要としていました。 チャンチャイには不可能なオーダーでした。 チャンチャイは5ボールで16ランを打たれ、勝ちに7を残してしまいました。 果たしてそれは可能だったのだろうか? 最後のボールをルークに6点を叩き込まれ、同点となった。 なんという試合だったのだろう。

PCCの次の試合は、地元のライバルであるラグビースクールのコブラとの対戦でした。 PCCはトスに勝ち、ボウリングを決めました。ルイス・マドランとチャーリー・ロウがウィーズMと対戦しました。 2オーバーで13フォア1と苦戦していたコブラは、チャーリーに代わってアンドレアス・ロドリケスがバーニー・Lと対戦した。 チャーリーはゲイリー・ムールマンからのボールをトップエッジで受け、ウィケットキーパーのルーク・Sにスキーで合わせて8フォアにしました。 いつものボウラーではないゲイリーPは、自分自身にとても満足していました。次のボールでアンドレアス・Rを後ろに捕らえてダックにした時はなおさらでした。3オーバーで23フォー3となり、恐ろしくパット-ポン-ポン的な展開になってしまいました。 サイモン・ウェザリルはウィル・ハウエルとクリス・サイザーに対して10ランの妥当なボウリングをした。 33フォー3。クリス・サイザーはアンディ・エメリーを抑え、スコアは48フォー3で、ウィルが7オン、クリスが15ノーアウトとなりました。 このままでは十分とは言えませんでした。

PCCはルイス・Mに対してウィーズとゲイリー・Mを起用して開幕しました。 ジョン・メヤールは腕の不正確さに悩まされていましたが、同じようにエキストラが多く、得点のチャンスはほとんどありませんでした。 チャーリーRのボウリングはより正確で、Wezのバッティングの餌となりました。 その後もバウンダリーが続き、ゲイリー・Mも1本打つことができました。 残り13球でウィーズが勝ち越しランを放ちました。 Wezは26N.O.となり、52フォー0でボーナスポイントを獲得しました。

PCCのディビジョンステージ最終戦、2日目の最終戦の相手はコー・チャン。 PCCはトスに勝ち、ボウリングを決めた。 ゲイリー・Mがオープンという奇抜な選択をして、4ノーボールでボウリングを進め、最後のボールをサイモン・フィルブルックにキャッチされたジョニーを2フォアにさせた。 レッズ(イアン・リデル)はボウリングをして、バウンダリーの後、デイブ・キングをLBWにしました。 ガイがクレーズに入り、またしてもLBWの訴えに耐えた。 コー・チャンは2回を終えて22フォア2で抑えた。 続いてジャイニッシュは、多くのドットボールを拾い、わずか4つのボールを奪っただけでした。 Gary Porterは4オーバー目をBohdiとGuyの2人で33までスコアを伸ばしましたが、十分ではありませんでした。 最後のオーバーはアンディEがボウリングし、ペースを上げようとしたところで、ボーディがスイング&ミスをしてボウリングされてしまいました。 ラストのドットで今大会初のウィケットメイデン。 33フォー3。  

PCC のバッツマンたちは、ボーナスポイントを獲得するために別の機会を求めました。 JainishとGary PはDave Kingとの対戦でバッティングを開始し、Mr.Extrasの助けを借りてよくやってくれました。 最初のオーバーで14点を奪いました。 続いてBodhiがボウリングを行い、いくつかのルーズなボールの後、Jainishからスキーヤーを誘いましたが、ジョニーに後ろに捕まり4点を取られてしまいました。サイモン・フィルブルックがクレーズに入り、このオーバーは25フォア1で終了しました。 Guyが3オーバー目をボウリングし、ワイドとノーボールの後、Simonがバウンダリー4で勝利のランを打ちました。 2.4オーバーで33フォー1となりました。

これでPCCは2勝、引き分け、ボーナスポイント3点の合計13点で3位となりました。 そのため、PCCはLamphun、British Club、Siam CC Parrotsと一緒にカップに出場することになりました。

PCCの勝利を求めてのマッチレポートは、この壮大な大会の第2部でお届けします。

送信
ユーザーレビュー
0 (0 票)