ミャンマーから不法入国したタイ人女性4人を逮捕、Facebookに投稿した後に捕まる、2人はパタヤに向かっていた

タイ・チェンライ

昨日11月29日、ミャンマーで働いていたタイ人女性4人が、ミャンマーから不法入国したことをフェイスブックに投稿し、タイ当局に捕まった。このうち2人はパタヤに来るバスに乗っていたという。ミャンマーでは現在、コビド-19ウイルスが流行しています。

すぐには名前が出なかったが、20代の女性4人は、ミャンマーのミャワディーにあるカラオケ店で働いていた。

彼らはコビド19の状況が悪化したためミャンマーを離れることを決意し、11月24日にメーソットのモーイ川を不法に忍び込んだ。

メーサイで女性2人が逮捕され、バンコク経由でパタヤに向かうバスの中で別の女性2人が逮捕された。

当局によると、女性は、現在のCovid19パンデミックの状況にもかかわらず、Facebookに公然と投稿し、国境を越えたことを自慢したために捕まったという。その後、複数の関係者の市民が女性を通報した。

彼らは当初、不法入国の罪で起訴されており、緊急事態令と健康対策に関連して更なる罪に問われる可能性があります。彼らはコビド-19の検査を受けていますが、結果はまだ返ってきていません。症状のある者はいません。当分の間 隔離されています

送信
ユーザーレビュー
4 (4 票)