チェンライCOVID-19センター、チェンマイ事件と関連したタイ国内2例目と3例目のコビド-19事件を確認。

チェンライ

  • 今朝、チェンライでコビド19の感染がさらに2例確認されました。
  • 両方とも以前にチェンマイで発見された事件に関連しています。
  • 3人ともミャンマーから不法にタイに入国しており、コビド19が発生しています。
  • チェンライ当局によると、最近の2件は接触歴が少なく、ホテルの部屋を出たり公共の場所に行ったりすることはありませんでした。しかし、最初のケースではそのようなことはありませんでした。

チェンライCOVID-19センターは本日(11月301日)、チェンマイの29歳の女性とコビド-19の確定症例との関連で、新たにタイで確認された2つの症例を正式に報告しました。

パタヤニュースでは昨日、2件目の確認されたと報じられていますが、以下に詳細を掲載します。

昨日(11月29日)タイ国家新聞局とDDCが発表した声明によると、2人目のケースは土曜日(11月28日)に確認されたケースの友人で、ミャンマーでも1人目の患者と一緒だったという。

前回の記事の続きを読む こちら.

https://thepattayanews.com/2020/11/29/thai-department-of-disease-control-confirms-second-domestic-case-of-covid-19-connected-to-chiang-mai-case-this-one-in-chiang-rai/

2番目と3番目に確認された患者は26歳と23歳の女性。彼らは検疫に入らずに自然国境を越えてタイに不法入国し、チェンライのマイサイインに滞在していました。11月28日、チェンマイに行っていた友人がコビド-19ウイルスに陽性反応を示したとの情報を得ました。その後、一人の女性がチェンマイに行き、検査を受けたところ、陽性が確認され、3人目の友人が接触し、陽性が確認されました。

チェンライ当局によると、後者の2件は、前者とは異なり、主にホテルの部屋に滞在し、公共の場所を訪問していないとのことです。彼らはホテルに滞在している間、主に食品の配達を利用していました。

少なくとも26人がこれらの2つの確認されたケースに関連しており、4人だけがハイリスクと考えられています。すべては、Covid-19 ウイルスのためにテストされているし、隔離されます、追加チェンライ当局は、パニックにならないように国民に促しながら、まだマスクを着用し、社会的に距離を置き、手を洗うなどの予防措置を使用しています。

彼らのタイムラインは別の記事でご紹介します。

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=–=–=–=–==-

私たちのニュースレターを購読することを忘れずに、スパムフリーの毎日のメールで私たちのすべてのニュースをお届けします。

フォローしてください フェイスブックツイッターグーグルニュースインスタグラムチクトクユーチューブPinterest(ピンタレストパーラーフリップボード 或いは タンブラー

Facebookグループのディスカッションに参加しましょう https://www.facebook.com/groups/438849630140035/ または下のコメント欄にご記入ください。

私たちと一緒に広告を出したい、またはあなたのビジネス、イベント、慈善事業、地元のスポーツなどを促進するために私たちについてのお問い合わせをしたいですか?私たちに電子メール Sales@ThePattayaNews.com

一般的なニュースチップ、プレスリリース、質問、コメントなどをお持ちですか?私たちは、SEOの提案に興味はありません。私達にメールを送ってください Pattayanewseditor@gmail.com

送信
ユーザーレビュー
0 (0 票)