パタヤ花火大会でパタヤは賑わい、ホテルは満室、多くの会場は賑わいを見せています。

パタヤ, タイ

パタヤの花火大会では何万人もの人々がリゾートに押し寄せ、コビド19の流行前からパタヤで最も忙しい週末となりました。

日間の花火大会のために何万人もの人々がビーチを訪れ、ビッグアス、ミーン、ブーンブーンキャッシュ、ブッダブレスなどのタイの主要バンドによるコンサートも行われました。イベントはまた、文化ショー、マーチングバンド、ビーチの長さをカバーする数十の食べ物のベンダーを特色にし、多くの人々はイベントの間に安定したビジネスをしているように見えました。

積極的なビーチチェアのベンダーは、ショー全体のためにビーチチェアを貸し出し、サウスパタヤの端にあるほぼ全てのベンダーが満席になったことに喜んでいました。

ホテルのオーナーはイースタン・シーボード・ホテル協会を通じてパタヤのオープンしているホテルの大部分が100%の稼働率で、特にジョムティエンとパタヤ・ビーチのホテルが稼働していると報告しています。 シーフードレストラン、タイパブ、ナイトクラブ、ショッピングモール、ナイトマーケット、タイバーベキューレストラン、その他タイ国内の人々に人気のある場所は週末に非常に忙しく、ビジネスオーナーは必要としている収入を得ていました。バーツバスやバイクタクシーの運転手はイベント期間中、多くの必要な収入を得るために忙しくしていました。

ビーチロードに面したビアバーのように、普段はタイ国内のタイ関連イベントでは大きな盛り上がりを見せない外国人向けのビジネスでも、ビーチロードに面したビアバーでは花火を見物する客で大忙しで、フーターズ、ワインコネクション、ボンチョン、シズラーのようなビーチロードのいくつかの洋食レストランもコビド19のパンデミックや外国人観光客の不足のために、以前よりもずっと忙しくなっているように見えました。

しかし、その一方で、ビーチから離れたソイブアカオ、LKメトロ、ソイ6、7、8などの外国人向けバーでは、バンコクやタイの他の地域から来た外国人がわずかに助けになったと言う人もいましたが、イベントの結果、大幅に収益が上がったとは報告していませんでした。

花火イベントの後には、今週末にジョムティエンで開催されるパタヤ・ジェットスキー・ワールドカップや、翌週にはパタヤ・ミュージック・フェスティバルが開催され、パタヤに何千人もの人々が集まることが期待されています。これに続いて12月下旬にはバリハイピアで世界最大のバードレースであるグランドフライトコンペが開催され、最後にニューイヤーカウントダウンイベントが行われます。

ビジネスオーナーはもちろん、海外からの外国人観光客がパタヤに戻ることができるように、国境が開いてパンデミックが治まるのを見たいと思いますが、今のところ、週末のイベントは多くの人のためのスタートを提供しています。

送信
ユーザーレビュー
5 (3 票)