タイ疾病管理局は、チェンマイ事件と関連したコビド-19の国内2例目の症例を確認した。

タイ・チェンライ

タイ疾病管理局は、昨日11月28日にチェンマイで発表されたコビド-19の国内2例目の症例を確認しました。

まずは、下の最初のケースの続きを読んで、ここまでの状況を把握しましょう。

チェンマイのCovid-19事件の調査は継続されています。

タイ国家ニュース局とDDCが今晩発表した声明によると、2人目の患者は昨日確認された患者の友人であり、ミャンマーでも1人目の患者と一緒にいたという。

2番目に確認された患者は、正確な年齢は明らかにされていませんでしたが、ミャンマー滞在中に症状が出て、自己治療を行いました。彼女は11月16日から22日まで体調を崩していたと報告されている。DDCによると、11月23日と24日に彼女は良くなったと感じ始めた。その後、女性は最初の患者である友人と一緒に検疫に入ることなく、国境を越えてタイに入国したという。正確な場所とどのように不法に入国したのかは、調査が続くため明らかにされていない。

二人目の患者はチェンライのマイサイインに滞在していました。彼女は今は無症状でしたが、11月28日に友人がチェンマイでコビド-19の陽性反応が出たと聞いて、彼女はバイクタクシーでチェンライのバンコク病院に行き、コビド-19の検査を受けました。

彼女の検査結果は本日11月29日に陽性であったと報告されています。詳細は明日11月30日にコビド19状況管理センターから発表される予定です。

DDCによると、この2人目の患者は、1人目の患者のように入国後に公共の場所への旅行歴が広くなく、現時点では連絡先のリストが非常に少なく、限られているという。

一方、ミャンマーではコビド19の蔓延が続いているため、当局は国境管理を大幅に強化すると述べている。さらに、娯楽施設や接待施設は、マスクの着用、手続きのチェックイン、社会的距離の取り方、手の消毒剤の使用など、コビド-19の蔓延を防ぐための措置を遵守しているかどうかを確認するために、法執行機関によって検査されています。

送信
ユーザーレビュー
5 (1 投票)