国際航空運送協会、コビド-19の管理措置として検疫の使用をやめるよう各国に要請、2021年まで続く航空業界の大きな苦境を警告

ワールドニュース

国際航空輸送協会は先週声明を発表し、各国に対し、コビド-19の制御手段として検疫の使用を停止し、国境を再び開放するよう促し、航空業界が2021年まで苦しむことになると警告し、2024年まで完全な回復を見ることはできないだろうとしている。

"この危機は壊滅的で容赦がありません。航空会社はコストを 45.8%削減しましたが、収益は 60.9%減少しています。その結果、航空会社は今年、乗客1人につき$66人を失い、合計で$1185億の純損失を被ることになります。この損失は2021 年に$800 十億によって急激に減る。しかし$387億を失うことの見通しは来年何も祝うべきではない。 IATA事務局長兼CEOのアレクサンドル・ドゥ・ジュニアック氏は次のように述べています。

と付け加えた。 "人々が再び飛行機に乗れるように検疫なしで 国境を安全に再開する必要があります航空会社は少なくとも2021年の第4四半期まで 現金を流出させると予想されています 失う時間はありません"

"歴史の本は2020年を業界最悪の財務年として記録するでしょう。航空会社は2020年に向けて1日平均10億ドルの経費削減を行ったが、それでも前例のない損失を計上している。政府による1兆2,730億ドルの金融支援がなければ、大規模な倒産を目の当たりにしていただろう。 ド・ジュニアックは言った。

"今回の危機の財政的ダメージは深刻だ。政府の支援が航空会社をここまで存続させてきた。危機は誰もが予想していた以上に長く続いているため、さらなる支援が必要とされています。そして、それは$651億に膨れ上がったすでに高い負債を増やさない形で来なければなりません。 ド・ジュニアックは報道陣への発言の中でこう結論づけている。

パタヤニュースによると、タイ王国はウイルスをコントロールするために、抑制ではなく排除戦略を取っているため、タイに入国する全ての人を検疫する現在の計画に固執しているとのことです。ワクチンが国中に展開される前に検疫がいつでも終了する可能性は非常に低いです, タイ首相プラユット・チャン・オー・チャの声明によると先週.

また、IATAは2024年までは国内旅行がパンデミック前のレベルに戻ることはないとしており、海外旅行の前に国内旅行が回復するとしています。

 

送信
ユーザーレビュー
4.67 (3 票)
前の記事タイの観光大臣、ラチャブリ運河ツアーで外国人を導く
次の記事英語の動画です。週末のパタヤ花火大会の様子
アダム・ジャッド氏は2017年12月よりパタヤニュース英語の共同オーナー。アメリカのワシントンD.C.出身です。彼のバックグラウンドは人事とオペレーションの分野で、10年前からニュースとタイに関する記事を書いています。彼はパタヤにフルタイムで6年半以上住んでおり、地元ではよく知られており、10年以上前から定期的にパタヤを訪れています。オフィスの連絡先を含む彼の全連絡先情報は、下記のお問い合わせページに掲載されています。 ストーリーは、電子メール Pattayanewseditor@gmail.com をお願いします。 私たちについて: https://thepattayanews.com/about-us/ お問い合わせ: https://thepattayanews.com/contact-us/