明日、バンコクのクラウン・プロパティ・ビューローで予定されている大規模な民主化推進派の集会が、今週のタイのニュースのハイライトとなります。

タイ・バンコク

バンコクのクラウン・プロパティ・ビューローで予定されている大規模な民主化賛成派の集会は、今週のタイの今後のニュースで最大の話題となっています。

パタヤ・ニュースは毎週、今週のトップニュースを発表していますが、今週は明日11月25日にバンコクで予定されている集会に注目したいと思います。

この集会は、今月初めに国会で様々な憲法憲章の改正案を議論している最中に、国会で暴力的な衝突が発生したことを含め、抗議行動が数ヶ月に渡ってエスカレートした後に行われました。国会は、民主化賛成派が支持し、10万人が署名したiLawという団体が提出した草案を拒否した。この特定の草案は、最高機関である君主制に関するものを含め、憲法のすべての条項の変更を認めるものであった。反対派と政府支持者は、この部分の変更は容認できないと述べている。

抗議者たちは、新しい憲法、プラユット・チャン・オチャ首相の辞任、国会の解散、抗議者への嫌がらせや訴訟の全面的な停止、教育の改革、教育大臣の解任など、いくつかのことを求めている。しかし、一部の抗議者の間で最も物議を醸している要求は、最高機関の改革(廃止ではなく)であり、これは親体制派の支持者から相当な反発と感情を引き起こしている。

国会の抗議行動の後、抗議者たちは再び王立警察本部の近くに集まり、門にペンキをはねかけたり、落書きをしかけたりしました。一方、抗議者、政府支持者、政府、法執行機関の間では、明日予定されているクラウン財産局での抗議行動が、根本的に反対の意見を持つグループ間の対立を再燃させる可能性があるとの懸念が高まっています。

法執行機関は明日の集会で法を執行すると述べています国会議事堂には有刺鉄線が張り巡らされ、王室の所有物であることを示す看板が設置されており、建物から150メートル以内に集まることを禁止する集団集会法が施行される可能性があります。バンコクの警察は、近くの通りを閉鎖したり、バリケードを張ったりするかどうかについてはまだ明言していない。

プラユット・チャン・オチャ首相は、双方が緊張を下げて対話をするように働きかけるべきであるとし、他の人を不快にさせるような行動をとるべきではないと述べている。先週末、同首相は「あらゆる法律」が法的執行の観点から抗議者に対して使用される可能性があると述べた。

一方、親政府派と既成政党派は、親民主派の支持者が「法を破らないように」、王政を怒らせないように、明日も抗議会場に集まると述べている。法執行当局者は、明日、平和や法律に違反した双方に対して「平等な行動」を取ると述べている。

パタヤニュースでは、明日の抗議行動の様子を定期的にお伝えします。

送信
ユーザーレビュー
0 (0 票)