読者トークバックの結果。タイで渡航やビザ更新の際にワクチンが必要な場合、あなたは接種しますか?

毎週、週の初めに地元の読者の皆様に質問をして、皆様のご意見やご感想をお聞きしています。週の終わりには、コメントやメール、メッセージなどから得られた結果をここで共有しています。

今週の質問は、"タイへの渡航やビザの更新、滞在が義務付けられている場合、コビド19のワクチンを接種しますか?"です。

今週の読者トークバック質問。タイへの旅行/滞在が義務化されたらコビド19ワクチンを受けますか?

 

ここでは、以下のコメント、電子メール、ソーシャルメディアチャンネルの両方で、私たちが私たちに送っていた最高の、最も多様な回答のいくつかをご紹介します。これは、何百ものコメントやメールが寄せられた読者からの回答の中でも最も大きなものでした。大多数の方がワクチンを接種すると回答しているようですが、その中には多様で情熱的な意見もありました。以下の意見や声明は読者の個人的な意見であり、パタヤ・ニュースの意見を反映しているとは限りません。ほとんど編集していませんので、誤字脱字などはライターのものです。

 ドミニ-すべてのワクチンはごく一部の人にとっては危険ですが、死の問題がある場合には役に立つこともあります。それはそうではありません。すべての人に義務づけようというのは、利益とリスクのバランスを考えれば狂っている。もちろん疫学者の研究はありません。いくつかの国がそれを決定した場合、それは世界的なスキャンダルになるだろう私は完全に再びそのような視点です

ジョン...私はここに住んで14年になります...私はここを私の家と思っています...もし私がワクチンを接種しなければならないならば...私はイギリスの家族がいなくて寂しいに違いありません...しかし、状況は悲惨です...
一人一人に気をつけて

政府のケン・ホープは、COVIDの予防接種を義務化するかどうかを決める前に、結果と合併症が報告され、分析されるのを待っています。
私は、ピフザーワクチンの臨床試験に参加した多くの人々がCOVIDと同じような症状を発症し、4日間続いたことを理解しています。より大きなデータベースが安全であることを示すまでは、決定を下すべきではありません。
もし彼らが義務化すると決めたならば、外国人だけではなく、すべての人のために義務化しなければなりません。もしそれがタイ国民を含む全国的なものであるならば、退職ビザや結婚ビザを持っている人は、それを取るか、家族を残して行かなければならない。法廷で争われるであろう地獄のような選択だ。
法的な挑戦が失敗したら、私はそれを取ると思います。

クリフ-現時点では、その選択をする必要がないことを願っています。私は若い頃に多くの予防接種を受けて生き延びてきましたが、全体的にはあまり信用していません。そして、私が理解しているところによると、このコビッドの予防接種は、基本的には今までにない新しい技術だそうです。将来の健康への影響を考えると、とても怖いです。接種による短期的な影響は心配ですが、それよりも将来の影響の方が心配です。そうでないことを祈りつつも、すべての人に強制的な予防接種が来るのではないかと心配しています。退職ビザの更新のためだけに義務化されるのであれば、私は心の中で大きな、大きな恐怖を感じながら「はい」と言わなければならないだろう。タイ人の大切な人を母国に引きずり帰すことはできないだろう。私の祖国は、とにかく私の帰国のために、そして彼女が入国するためにそれを必要とするかもしれません。彼女も予防接種を望んでいない。繰り返しになりますが、私はただそれが全面的に任意であることを祈るばかりです。

Serguei-Editor, あなたはアメリカのプロパガンダの機関のように聞こえますが、ファイザー財閥の旅行セールスマンのようなもので、特にタイの人々やパタヤの住民の利益にはなりません。完全に完成したロシアのワクチンが2つあり、ロシア政府はロシア国民に何百万人ものワクチン接種を開始していることをタイの人々に伝えるべきでした。あなたの記事で「宣伝」されているファイザーのワクチンの開発段階はどうなっていますか?まだ終わっていないのですか?ああ、そうだ、彼らはいつものように「かなりすぐに」それを仕上げるだろう、そして...

スティーブン-Yesそれは(すでにここに)を入力するか、ビザを更新することが義務付けられていた場合(2021年2月が期限)。そうしないとバカになりますよ。第一に、入国要件を満たしていないと、除外されたり、ビザが更新されなかったりします。第二に、観光地が開放されて感染のリスクが高まるとしたら、それはそれでいいと思います。第三に、予防接種を受けていれば国際的な旅行ができるかもしれません。

カンワルディープ......旅行をしていなくても、ワクチンは必ず接種します。タイだけでなく、どの国に入国する人にも義務化することを支持します。これは時宜を得ていると思いますし、この一歩を踏み出すことで、個人的にも人と人との接触においても自信を取り戻すことができるでしょう。私はこれを、世界を再び旅行するための安全な場所にするための大きな一歩と考えています。

Rexy-It depends on a lot of variables, some people who lived in Pattaya/Thailand has been there so long of there, they wouldn't have to face to go back their home countries as the change in their twilight years to be much of the dilemma for them.
私は確かにあなたが旅行をしたり、他の国に滞在する任意の便利さを持っている場合は、それが義務化されるので、将来的にはワクチンを取るという選択肢はないと思います。
また、人がどこに行けるかを追跡してコントロールするためにも使われていると思います。
だから多くの人にとっては、それは大した選択ではないでしょうが、最終的には受け入れられ、人々は羊のように群れをなしていくことになるでしょう。
男は一番簡単なオプションが好きなんだ
ワクチン注射を受けるかどうかの選択が任意であった場合、条件がなくても
私の答えは「ノー」です。

ビル-はい、私は非常に興味を持っています、そして、検疫をすることなくタイに入ることができるなら、ワクチンを歓迎します。監視用のブレスレットを身に着けていてもいいですね。

マーク......最初の一行にはなりませんが、ここに住むために必要ならばそうします。今はタイでのコビドのリスクは小さいですが、国が開放されればそれに応じてリスクも高まるでしょうから、それも私の決断を左右するでしょう。

ジョージ-はい、私たちは3月にここでそれを持っていることを願っていますし、私は最初の行になります。それからうまくいけば、タイは私たちが再び休暇を取ることを許可してくれるでしょう。

ルチアーノ おはよう
私はいかなる種類の義務にも反対しています、それは強制ではなく選択でなければなりません、私は適切で定期的な健康診断を希望しています。(私は入国のために一度だけワクチンを接種します)

ティム

ワクチンについては多くの議論がなされていますが、これが「急かされた」ワクチンであるという人々の不安は、私も完全に理解しています。しかし、世界は早く正常な状態に戻る方法を見つける必要があります。閉じ込められ続けることは、はるかに深刻な結果をもたらします。破滅したビジネス、不況、自殺率の増加。 
一方、タイのような国では、観光産業に雇用されている多くの人々が根絶政策を行っており、「ロックアウト」政策を採用しています...プーケットやパタヤのような場所での影響をはっきりと見ることができます。国内観光は残念ながら問題を解決することはできません。タイはその根絶政策ではうまくいっていますが、経済的にはあまりよくありません。 
私が読んだ反ワクチン主義者の主な主張は、「なぜ%の生存率が99.7のウイルスにワクチンを打つのか」(またはそれ以上の数字)というものでした。何人かの人々は、慢性的な疲労、息切れ、臓器損傷、その他の長期的な症状を残しています。私の友人の高齢者は、以前は健康だったのですが、それによって彼の人生を絶対に台無しにしてしまいました。 
肝心なのは、これを早くしないといけないということです。 
私はこの病気のワクチンを接種することに全く抵抗がありません。すべてのワクチンにはいくつかの副作用があります。これは完全に正常なことであり、予想されることです。これは、あなたの体の免疫システムが活性化され、感染症と戦うために必要な抗体やT細胞を産生するためです。 
タイがワクチン証明書を持って入国する政策を運営している場合は、彼らのために良い、私は列の最初のものになります。
願わくば来年の秋までには、世界が復興への道を歩んでいることを願っています。 
まだまだパタヤが残っているといいですね。 
送信
ユーザーレビュー
5 (2 票)