オピニオンタイのホテル業界は出血死しており、政府は観光と財政支援に関してもっと行動を起こす必要がある。

以下は、アンドリュー・J・ウッド氏の意見社説で、掲載の全面的な許可を得ています。意見や発言は彼自身のものです。
バンコックタイはパンデミックの開始以来、わずか3,880人のコビド19の症例と60人の死亡者を報告しており、世界で最もリスクの低い国の一つと考えられています。しかし、旅行や観光業は苦しんでいる。政府が課した旅行規制に終止符が打たれることなく、大小の企業は出血多量で、生き残りをかけて奮闘しています。ホテル経営者は 国だ は、国を再開し、死に至るまで出血しているビジネスを助けるための措置をすぐに開始するように政府に嘆願している、と彼らは主張しています。
- スファジー・スートゥンプン デュシットタニの グループの最高経営責任者(CEO)である、株式会社アール・アイ・ビー・エス・シーは、もしすぐに国が再開されなければ、ホテル経営者は大きな損失を被るだろうと述べている。また、銀行や金融機関はリスクがあるため、観光事業者への融資を簡単には行っていないという。
"それゆえ、観光事業を支援するための金融措置を政府に発動し、タイ信用保証公社に中小企業向けの融資を保証するように指示してほしい "と述べた。
"また、多くの大企業の債券が満期を迎えていることから、債券に関するルールの緩和を中央銀行に求めたい。"
Suphajee氏はまた、観光スポーツ省に対し、ホテル事業者がホテルを担保にして借り入れができるようにする観光回復基金の設立を促した。
"来年にはコビド-19ワクチンの準備が整いそうなので、政府は観光客の帰国を支援するためのe-visaシステムを考え出すべきだ。"と付け加えた。
- チャイヤパットパイトーン マイナーインターナショナルの 最高戦略責任者は、同社が今年の9ヶ月間に140億Bt以上の損失を出しており、そのうちタイでの事業が20億Btの損失を占めていると述べた。
同氏は、政府がすぐに国を再開しない場合は、新たな資本を見つけるか、債券を発行するかして、会社の流動性を高める必要があるかもしれないと述べた。
"政府は旅行バブルのスキームに目を向け、自己破産のルールを緩和し、起業家を支援するための措置を打ち出すべきだ "と述べた。
- マリサ・スコソル・ヌンバクディ(Marisa Sukosol Nunbhakdi)エグゼクティブ・バイスプレジデント スコソル ホテル と議長を務めています。 タイホテル協会また、政府は、新卒者のためにやっているように、ホテルの従業員の給与の50%を支払うなど、ホテルを支援するための措置を開始する必要があると述べた。
"政府はまた、社会保障基金への2%の拠出を延長し、土地・建物税を10%に設定し、自己破産のルールを緩和すべきである。"と彼女は言った。
旅行規制の緩和があれば、観光客が来るという強い証拠がある。尊敬する元在タイ英国名誉領事のバリー・ケニヨン氏によると、このように書いている。 パタヤメール 今週は、タイが先月末に 60 日間 (シングル エントリ) ビザを改訂して以来、世界中の大使館が報告している巨大な関心を外国人によって過酷な冬から離れて取得するか、または彼らのコロナウイルスに感染した祖国を脱出するために必死になっている
パクポーン・プラパサウディ副社長は エラワングループの また、ホテルアセットマネジメント部門は、旅行規制の影響でホテルの稼働率が5ヶ月以上20%に達していると述べた。
"タイの状態は中国及びヨーロッパと異なっている、占有率が50 から60 パーセント及び30 から40 パーセントそれぞれである、" 彼は言った、国が再開されなければならないことを加えて、占有率がそう低く残ればホテルが存続できないので、彼は言った。
"政府が再開を望まないのであれば、ホテル事業を支援するための施策を打ち出すべきだ "と述べ、政府が明確な指示を出していないため、ホテル事業者が事業計画を立てられない状況にあると付け加えた。タイが永遠にコビド-19から解放されることはあり得ないため、政府は再開に向けて国民の意識を高めるキャンペーンを展開すべきだ」と述べた。
" ホテルオペレータが高い費用に耐えられないか、または彼らのビジネスにより多くの現金を注入することができないので、感染症のリスクが低いタイおよび国はシンガポールおよび香港がしたような旅行バブルスキームに取り組むべきである" と彼は言った。
acadeaceSo_1F53AsandermandMeanchanille。 観光スポーツ大臣 Pipat Ratchakitprakarn はPrayut Chan-o-cha 首相が経済状況の管理(CESA) のためのセンターに旅行セクターを助けるために観光事業の回復基金を確立することに取り組むように指示したことを言った。この基金はBt500億からBt100億の間に立つと期待される。
"我々はまた、観光客がCovid-19ワクチンが準備ができたらタイに戻ることができるように、首相とCESA、特にe-visaのオプションと他の提案を議論する" Pipatは言った。
政府のアイデアがすべてうまくいっているわけではない。バリー・ケニオン元領事は先月、270日までの滞在が可能な特別観光ビザ(STV)が発表されたが、このビザはイギリス、アメリカ、ヨーロッパ本土などの地域を除外したリスクの低いコビド19の国から来た者だけが利用できることがすぐに明らかになったと書いている。
しかし、先に報告したように、他にもビザの選択肢があり、それは旅行を許可するが、複雑な数のフープを飛び越える必要がある。ケニオン氏は次のように書いている。
" 60日の観光客のビザは利用できるが、官僚主義は入国の重大な証明書とCovid-19健康検査、バンコクの上陸の14日間の強制的なホテルの検疫のための前もっての支払、US$100,000へのCovid特定の保険(今0-99歳の誰でものためにオンラインで容易に利用できる)および検疫期間を越えるタイの宿泊施設の証拠のために大使館に適用するとき、"彼は言ったけれどもまだ大きいである
送信
ユーザーレビュー
3 (2 票)