タイは本日、アジア太平洋地域の15カ国と世界最大の自由貿易協定を締結することに合意し、副首相は確認した。

PHOTO.ASEAN.org

ナショナル

タイは今日11月15日、地域包括的な経済連携(RCEP)と題した世界最大の自由貿易圏に署名する15のアジア太平洋諸国の中にある、副首相は今日の午後確認した。

RCEPは、ASEAN加盟10カ国とそのFTA(自由貿易協定)パートナーである中国、日本、韓国、オーストラリア、ニュージーランドの5カ国で構成されています。RCEPは、地域の貿易と投資の拡大を促進する包括的で互恵的な経済的パートナーシップを漸進的に確立することを目的としています。

PHOTO.ロイター

この協定は、潜在的には各国のGDP約21.3兆ドル、世界貿易の約30%を占め、現時点で世界最大の貿易圏をマークしています。また、後続のドナルド・トランプ大統領が2017年に欠席を表明するまで、バラク・オバマ前米大統領に後押しされていた。

約8年前に正式にスタートしたこの交渉は、ベトナム主催の仮想ASEAN首脳会議でプラユート・チャン・オーチャ首相も出席し、タイの指導者として署名に合意した。

PHOTO.今日の投稿

その後、副首相兼商務大臣のジュリン・ラクサナウィシット氏は、この取引はタイの経済、輸出、企業投資に大きな利益をもたらすだろうとAP通信に語った。

Jurinは述べている。"我々は特に(1)デンプン、タピオカ、パイナップル、水産物などの農産物、(2)加工野菜や果物、ジュース、加工食品や缶詰などの食品、(3)プラスチック、紙、化学品、自動車部品などの電気製品、(4)サービス業、建設業、医療業、娯楽業(5)小売業などで大きな恩恵を受けるだろう。(4.)サービス業、建設業、医療業、娯楽業 (5.)小売業など、タイの民間部門と政府が一体となって外国企業のタイへの投資を歓迎するための取り組みを行っています。

PHOTO.ASEAN.org

副首相によると、タイは各国独自の手続きを経て批准させる前に、RCEPの関連規定を十分に検討しなければならないという。タイの場合、自由貿易協定に関する要件や規制については、まず国民評議会で承認を得てから、他の契約国に通知し、各国政府の承認を待たなければならない。

RCEP は、署名した国々の中で、できれば来年半ばまでに発効すると考えられている。しかし、RCEPが発効されるためには、少なくとも政府のASEAN6カ国と3つのFTAグループが協定を批准しなければならない、とJurin氏は強調した。

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=–=–=–=–==-

私たちのニュースレターを購読することを忘れずに、スパムフリーの毎日のメールで私たちのすべてのニュースをお届けします。

フォローしてください フェイスブック, ツイッター, グーグルニュース, インスタグラム, チクトク, ユーチューブ, Pinterest(ピンタレスト, パーラー, フリップボード 或いは タンブラー

Facebookグループのディスカッションに参加しましょう https://www.facebook.com/groups/438849630140035/または下のコメント欄にご記入ください。

送信
ユーザーレビュー
0 (0 票)