タイ副首相、フェイクニュース一掃を誓う

タイ・バンコク

バンコクでの国家広報委員会との会合での副首相は、タイのフェイクニュースを一掃することを誓った。

昨日、Wisanu Kruangam副首相は、フェイクニュース、特に政治的な性質のものについての議論を主催し、すべてのフェイクニュースを事実に置き換えることを誓った。これは、デジタル経済社会省も含まれている可能性が高いだろう、最近では、フェイクや歪んだ事実を提供していると疑われているソーシャルメディアの投稿がわずか1週間で50万件あったと言っていたが、その大半は政治的なものだった。

会合には、中西アヌチャ首相官邸大臣も出席しました。

Wisanu氏は、フェイクニュースのほとんどは「間違い」や訂正ではなく、政治的な根拠に基づいて、意図的に国にダメージを与え、反対意見を広めるために作られたニュースだと強調した。

会合では、政府はソーシャルメディア上のフェイクニュースを検出し、フェイクニュースを投稿した人や法律を破った人の責任を問うことにもっと力を入れると述べた。

一方、ネット上の親民主派の抗議者たちは、自分たちの意見や声を表明しているだけだと主張している。

出典/写真。タイ広報部

送信
ユーザーレビュー
0 (0 票)