タイ観光スポーツ省、4カ国の外国人ゴルファーを対象に新たな観光提案を導入へ

ナショナル

タイの観光スポーツ省と公衆衛生省は、アジア4カ国からの外国人ゴルファーをタイに迎える新たな観光提案を、コビド19情勢管理センター(CCSA)に紹介することで合意した。

昨日11月7日、フィパット・ラチャキットプラカーン観光スポーツ大臣は記者団に対し、この提案は、外国人ゴルファー、特に韓国、日本、中国、台湾のゴルファーからの高い要望があり、社会的な距離感を保ちつつ、国内に旅行して練習したいとの要望があったために導入されたものであると述べた。

PHOTO.チェンマイニュース

スポーツ観光客は、ゴルフ場が提供されている全国のオルタナティブ州検疫(ASQ)とオルタナティブローカル州検疫(ALSQ)で州検疫を行うことができるようになります。

ゴルフ場のASQ/ALSQ宿泊施設は、ゴルファーが他のプレーヤーとの社会的距離を保ちながら、孤立している間にスポーツを楽しむために部屋を出ることができるので、通常のASQ/ALSQホテルとは異なるものになるだろう。大臣によると、議題が承認されれば、観光客の間で社会的な距離を維持するために、より多くの規制が実施されるかもしれない。

PHOTO.デイリーニュース

とフィパット氏は語った。"韓国大使が先週私を訪問し、韓国から毎年少なくとも3ヶ月間、競技会のための練習のためにタイに旅行する1,000人以上の若いゴルファーがいたので、国家検疫の代替施設としてゴルフ場を導入しない理由を尋ねてきました。"

来週11月11日(水)の正式検討に向けて、14日間の検疫期間の短縮を含めたゴルファー向けの提案をCCSAに提案する。

ナコンラーチャシマ、チェンマイ、ランプーン、サラブリ、カンチャナブリの5つのゴルフ場がALSQ宿泊施設として当初登録されています。一方、観光スポーツ省は、全国の30以上のゴルフ場、約5,000室のゴルフ場をALSQ宿泊施設に追加登録することを目指している。

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=–=–=–=–==-

私たちのニュースレターを購読することを忘れずに、スパムフリーの毎日のメールで私たちのすべてのニュースをお届けします。

フォローしてください フェイスブック, ツイッター, グーグルニュース, インスタグラム, チクトク, ユーチューブ, Pinterest(ピンタレスト, パーラー, フリップボード 或いは タンブラー

Facebookグループのディスカッションに参加しましょう https://www.facebook.com/groups/438849630140035/または下のコメント欄にご記入ください。

送信
ユーザーレビュー
5 (1 投票)