タイの観光局は旧正月の前に中国との検疫無しの旅行泡を論議する

タイ・バンコク

観光スポーツ大臣は、タイ政府関係者が中国の潜在的な観光バブルを議論するために、近日中に中国大使館の職員と会談する予定であることを明らかにした。

フィパット・ラチャキトプラカーンスポーツ・観光大臣は今週、タイの内閣と首相の会議の後に、大打撃を受けた南の島プーケットとサムイ島を訪問してこのようなコメントをした。持ち出されたアイデアの1 つは、Covid-19 の低い場合のために公式に低リスクの国として見られる中国との潜在的な観光事業の泡を探検していた。中国はまた、2019年にタイへの訪問者数が最も多く、ロシアに続いています。

しかし、パタヤ・ニュースは、これらは非常に初期の、非常に予備的な議論であり、バブルが起こる保証はないが、双方が議論することに興味を持っていると指摘している。バブルの提案された日付は、2021年2月中旬の重要な旧正月の前になるだろう。旅行バブルは検疫の必要性を排除し、最小限のコビド-19検査を必要とするだけである。

観光事業の泡のどのような種類でも、当然、両側の政府の最高レベルで承認を必要とするが、両方の国のためにそしてタイの観光事業産業のために有利なように見られるであろう。タイは中国のメディアによると、中国の観光客がCovid-19パンデミックに続いて最も訪問したい場所として継続的に第1位にランクされています。

 

送信
ユーザーレビュー
2 (3 票)