タイ政府の広報担当者は、米国が一部のタイ製品の貿易優遇措置を停止しても、輸出に大きな打撃を与えることはないと述べている。

タイ

タイ政府の著名な報道官は今週初め、米国が一般化された優遇制度(GSP)の一環として一部のタイ製品に対する貿易優遇措置を停止しても、タイの輸出に大きな打撃を与えることはないと述べた。

この発表はもともと10月下旬に米国が行ったもので、タイが米国産豚肉の市場への公平かつ合理的なアクセスを米国が認めないことを受けてのものと報じられていた。タイは、米国産豚肉に使用されている化学物質の一部がタイで禁止されているためだとしている。この状況については、以下の元記事をご覧ください。

米国、年内に一部タイ製品の貿易優遇措置を停止へ

首相府のアヌチャ・ブラパチャイスリ報道官は、今週初めに報道陣の前で、タイの特定の製品にのみ影響を与える今回の削減は、いくつかの理由からタイの輸出に大きなダメージを与えることはないだろうと述べた。

Anuchaは、米国から離れた新しい市場の導入、オンラインプラットフォームのより包括的な利用、アジアやより大きなヨーロッパなどの現在の市場でのさらなる取引の探求など、いくつかの理由を述べています。

米国への輸出は継続されるかもしれないが、一部の商品は現在、通常の輸入関税に直面することになる。タイ政府は、オンラインビジネスマッチングを提供し、新興市場の特定を支援することで、直接影響を受ける企業を支援している、とAnucha氏は述べている。

商務省は、2019年の米国とタイの貿易額は486.3億ドルとしているが、アヌチャ氏は、特定の特権を失うことでこの総額が大きく変わることはないとの声明に立った。

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=–=–=–=–==-

私たちのニュースレターを購読することを忘れずに、スパムフリーの毎日のメールで私たちのすべてのニュースをお届けします。

フォローしてください フェイスブック, ツイッター, グーグルニュース, インスタグラム, チクトク, ユーチューブ, Pinterest(ピンタレスト, パーラー, フリップボード 或いは タンブラー

Facebookグループのディスカッションに参加しましょう https://www.facebook.com/groups/438849630140035/ または下のコメント欄にご記入ください。

送信
ユーザーレビュー
5 (1 投票)