仏教の僧侶は、アダルトビデオを送信し、若い子供たちにわいせつな行為を行う意図があるとされている上に、ウドンターニーで逮捕されました。

ウドンターニー

仏教徒のプラムク・チャロエンスク住職(49歳)は、昨日11月3日、数人の若い子供たちに不穏なアダルトビデオを送り、自分の事務所でわいせつな行為をするように誘ったと報じられた後、ウドンタニのバンプー地区にあるノンプラ・シウ寺院で逮捕された。

地元の村人が先週の金曜日、10月30日にウドンタニ警察に報告書を提出した。それによると、年齢が約12歳とされる娘たちが、Facebookのメッセンジャーで性的行為のビデオクリップを送り続け、お金のためにわいせつな行為をするために彼に会いに来るように頼んでいたとされる僧侶から嫌がらせを受けたという。

同省技術犯罪抑止局の職員は、この厄介な事件の通報を受け、調査を開始した。調査の結果、当初、11歳から13歳までの少なくとも3人の少年少女がノンプラ・シウ寺院の住職から連絡を受けていたことが明らかになった。

公式な捜索令状の後、プラムクの事務所の電話から多数のポルノビデオクリップが発見されました。彼は当初、電話の所有者であることを強く否定し、仏教徒の一人のものだと主張していました。

大修道院長はその後、警察が携帯電話の所有者である証拠を示した後、わいせつな行為を行ったことを自供したと報じられている。大修道院長は、幼い子供たちにポルノビデオを送っていたが、彼と性的な行為をするように誘ったり、お金を与えたりしたことはないと警察に話したとされています。

当初、プラムクは、ポルノやわいせつなメディアを表示して記録し、合理的な理由で、親から15歳未満の子供からわいせつな行為を行うために奪おうとした罪に直面していました。

写真提供。デイリーニュース

送信
ユーザーレビュー
5 (1 投票)