パンガン島の大規模な外国人グループは、語学学校によってビザのためにぼったくられたと主張している

タイ、パンガン島

様々な国の外国人の大集団がパンガン島警察署に警察の報告書を提出し、島の語学学校で一人当たり2万バーツをぼったくられたと主張した後、スラタニ移民局長のジラチャット・ロム・サイユード中佐と話をした。

パタヤ・ニュースが調査中のため名前を出さないことにした学校は、パンガン島にある専門学校です。

ドイツ、フランス、アメリカ、ロシア、イギリス、ドイツからの外国人グループは、学校から既存のノンBビザを教育ビザに変更できると言われたと述べています。 警察当局は彼らの以前の非Bビザが何のためのものであったかは明言していませんが、パタヤ・ニュースによると、コビド-19が流行した時、多くの人々が仕事や雇用を失い、特に外国人は失業したとのことです。国境が閉鎖されたことにより、多くの外国人にとって選択肢は非常に限られたものとなりました。

彼らは、学校の職員から頭金として2万バーツを支払うように言われ、9月26日までにビザを変更するように言われたと主張しています。その日は過ぎてしまい、被害者は学校が「無反応」になったと主張した。 外国人のグループはスラタニ移民局に直接行ったが、彼らによると、Non-Bを出国せずに教育ビザに変更するのは「不可能」だと言われたという。

被害者は、学校に戻って管理者/所有者と話をするよう要求したところ、頭金は返金されないと言われ、何週間も行ったり来たりした後にビザが許可される保証はないと言われたと主張しています。

この時点で、外国人グループは今週警察に報告書を提出した。サムイ島観光警察のPhuwadon Wiriyawarangkul中佐は、彼らが語学学校の所有者と会い、事件の全体的な合法性を見ていると述べた。

フォトクレジット:We Love Koh Phangan

送信
ユーザーレビュー
5 (6 票)
前の記事米国、年内に一部タイ製品の貿易優遇措置を停止へ
次の記事チョンブリでひき逃げ事件でバイク運転手死亡
アダム・ジャッド氏は2017年12月よりパタヤニュース英語の共同オーナー。アメリカのワシントンD.C.出身です。彼のバックグラウンドは人事とオペレーションの分野で、10年前からニュースとタイに関する記事を書いています。彼はパタヤにフルタイムで6年半以上住んでおり、地元ではよく知られており、10年以上前から定期的にパタヤを訪れています。オフィスの連絡先を含む彼の全連絡先情報は、下記のお問い合わせページに掲載されています。 ストーリーは、電子メール Pattayanewseditor@gmail.com をお願いします。 私たちについて: https://thepattayanews.com/about-us/ お問い合わせ: https://thepattayanews.com/contact-us/