プーケットでは、外国人観光客との戦いが続いているため、首相は来週訪問するように設定された

タイ

タイのプラユット・チャン・オチャ首相は、11月2日(月)に個人的にプーケットを訪問し、外国人観光客の不足で大きな打撃を受けているプーケットを助ける方法を地元や地域の指導者と議論する予定です。

タイは現在、コビド19のパンデミックのために、一般の外国人旅行者に対して国境を閉鎖している。プーケットの指導者はメディアに対して、島はGDPの90%近くを外国人観光客に依存していると何度も述べている。外国人観光客なしで、島は何千人もの仕事を置かれたとひどく苦しんだ、解雇されるか、または彼らの故郷の地域に戻るために島を去った。

タイの政府は最初に島に観光客を引き付けるためにいわゆる「プーケットモデル」を導入するように設定されていたが、その計画は、コビド19の潜在的な広がりについて懸念している著名な地元住民として記述されていたものからの抵抗を引いたと報告された後、最終的に破棄された。

タイの政府はまたプーケットに旅行するために国内訪問者を得るためにさまざまな計画を試みたが、それらの計画は役人が期待したほど成功していない。タイ観光局によると、ほとんどの国内観光客は、バンコクに近いチョンブリやラヨーン、トラットを訪れるなど、家の近くに固執しているようです。これは絶望的な状態の外国の観光事業に大きく依存する南の島および地方を残す。

パタヤニュースによると、首相は数ヶ月前にチョンブリを訪問し、地元のビジネスリーダーと会談した後、観光に依存しているパタヤがコヴィド19の被害を受けたことに「唖然」としたと報じられています。その訪問は首相が特別観光ビザの提案を進めるのに役立ちましたが、これまでのところ主に中国人を対象としているようです。

送信
ユーザーレビュー
5 (1 投票)