台風Molaveがタイの一部を直撃し、ナコーンラチャシマで大規模な洪水が発生した。

ナコーンラチャシマ

今週初め、台風モラベの影響で鉄砲水と大雨が発生し、ナコーンラチャシマの31の村で400軒以上の家屋、学校、役所が水浸しになった。

昨日10月29日、ピマーイ地区のアムヌアイ・ポンナーン地区長は記者団に対し、降り続いた雨で月川が増水し、ピマーイ地区の河川堤防が決壊し、12の小地区すべてで大洪水が発生したと述べた。

と報道陣に語った。"水の深さは50センチ以上に達し、地区内の合計437軒の家屋と3,562ライの農地が浸水した。すべての村の道路もひどく浸水し、寸断された。

地元警察のアパートでは、洪水の水が部屋に流れ込む前に警察が土嚢を置いていたにもかかわらず、水位が上がり、約40室が被害を受けた。

フィマイ当局と警察官は、土嚢と給水ポンプを設置し、湿地帯の高レベルの洪水の水を排水している。また、地元のボランティアと協力して、飲料水や物資を被災した家庭に配布している。

状況は一部の小地区で若干回復しており、まもなく通常の状態に戻るだろう。地区長によると、死傷者はまだ出ていないという。

一方、台風5号がもたらした孤立した大雨により、タイでは北東部と南部を中心に64の県で洪水が発生した。全国で約88,340世帯が被害を受け、5人が死亡、3人が負傷、1人が自然災害で失われた。Thairath、Bangkokpost

送信
ユーザーレビュー
0 (0 票)