タイ感染症委員会、検疫を10日に引き下げる「原則」で合意、ただしCCSAと閣議決定が必要

タイ・バンコク

アヌティン・チャーンビラクル副首相兼公衆衛生大臣が率いるタイ伝染病委員会は本日、強制検疫を14日から10日に短縮することで原則合意したが、これは最終的なものではなく、他の機関や関係者の審査と承認が必要となる。

この提案には、Covid-19 状況管理センターとタイ内閣の両方の承認が必要となる。 アヌティン氏は記者会見で、CCSAが調査結果を審査し、通過審査を行うと述べた。提案にはさらなる制限がかかる可能性がある。

また、アヌティン氏は、検疫を減らす代わりに、より厳格な追跡・追跡対策が行われると述べ、最近フランスからタイに帰国した女性が検疫所を出た後にコビド19陽性であることが判明したことを受けて、検疫所は全般的に方針と手続きを強化すると述べた。

アヌーチンは、提案の検討にかかる時間については、CCSAのフルCCSAの検討にどれくらいの時間がかかるのかを述べていない。

送信
ユーザーレビュー
1 (1 投票)