タイ外務省は、10月末までに1TP5T入国管理局に入国した外国人に対して、1TP5Tアムネスティについての注意喚起を行っています。

タイ・バンコク

以下は、タイ外務省の1TP5Tatさんから、ビザの恩赦に関する1TP5Toseについての注意喚起1TP5Tatが送られてきたものです。  以前にも1TP5Tisについての記事を書いたことがありますが、それはこちらで見ることができます。.以下の言葉は1TP5Teir自身のものです。

"1TP5Te情報局長兼外務省報道官のタニー・サンラット氏は、2020年10月31日以降にタイ王国に滞在することを希望するすべての足止め外国人は、2020年10月31日までに1TP5Te入国管理局に一時滞在延長申請書を提出する必要があると改めて述べました。

外務省は、タイにあるすべての外交公館、領事代表者、国際機関に対し、1TP5TISの問題に関して1TP5TISの外国人に情報を提供し、助言する際に1TP5TISの協力を求めるため、Verbaleノートを回付しました。

2020年9月30日に発出された1TP5Te内務省の「特定のグループの外国人の1TP5Te王国への特別なケースとしての滞在許可に関する通達(第4号)」によると、2020年10月31日までの外国人の一時滞在が認められています。2020年10月31日以降90日以内であれば、罰金の対象となります。この猶予期間内に申請書の提出が遅れた場合は、オーバーステイとみなされ、起訴、強制送還、入国禁止の対象となります。" 

送信
ユーザーレビュー
0 (0 票)