タイ外務省、10月末までに入国管理局への受診を義務付けるよう注意喚起

タイ・バンコク

以下は、タイの外務省からビザ免除の方について送られてきた注意喚起です。  以前、こちらの記事でもご紹介したことがあります。.以下の言葉は彼ら自身のものです。

"タニー・サングラット情報局長兼外務省報道官は、2020年10月31日を超えてタイ王国に滞在することを希望するすべての座礁外国人は、2020年10月31日以内に入国管理局に一時滞在延長申請書を提出する必要があることを改めて表明した。

外務省は、在タイのすべての外交公館、領事館代表者および国際機関に対し、この問題に関する外国人への情報提供および助言への協力を求めるため、Verbale Note Verbaleを回付した。

2020年9月30日に発出された「特定の集団の外国人の特別なケースとしての滞在許可に関する内務省通知(第4号)」によると、外国人は2020年10月31日までタイに一時的に滞在することが認められています。2020年10月31日以降90日以内であれば、罰金の対象となります。この猶予期間内に申請書を提出せずに王国に残留した者は、オーバーステイとみなされ、起訴され、強制送還され、タイへの入国が禁止されることになります。" 

送信
ユーザーレビュー
0 (0 票)