疾病管理局は、フランスから返された女性からサムイ島のCovid-19のケースの調査に結果を与える

タイ

疾病管理局(DDC)は本日10月29日午後、最近フランスから帰国した女性が14日間の検疫を行い、数日後に検疫を離れた後に陽性反応が出た件について、2020年10月29日にアップデートを行いました。

以下で、これまでに起こったことの詳細を読んで、その内容を把握することができます。

フランスから帰国したばかりのサムイ島の女性からのCovid-19の状況についての最新情報

DDCによると、コビド19の痕跡は、彼女がいたオルタナティブ・ステート検疫所のジムの器具から発見された。

しかし、以下によると ソフォン博士 Iamsirithaworn、一般的な感染症部門のディレクター、予備的な結果は、女性が持っていたコビド19の株は、同じホテルで検疫中に最近の数週間で発見された他の2つのコビド19陽性の外国人とは異なっていたことを示しています。彼は、予備的な結果に基づいて、彼女の株は、したがって、ジムや他の外国人から拾われたものではないと考えています。

パタヤ・ニュースは、ニュースメディアでも女性の国籍についてかなりの議論があったことを指摘しており、最近フランスからタイに戻った女性として言及しています。

彼女の夫と10代の息子は ウイルス検査で陰性でした 彼女のハイリスクとローリスクの連絡先は 全て陰性でした彼女は病院で回復を続けています。 当局は、彼女がどこでコビド19号に感染したのかを正確に特定しようとしているが、サムイ島では7ヶ月間一度も感染したことがないため、局所的に感染が広がっているとは考えていない。ここ数日の住民への検査では、100%陰性であったとDDCは付け加えた。

一方、ソフォン氏は、島は安全であり、国内の観光客や住民への危険性はなく、人々はパニックに陥るべきではないと強調した。彼はまた結果が予備的なだけであったが、それは彼女がまだ検疫の病気を持っている可能性があることが可能であったことを述べた。彼女は病院に残っており、よくやっている、と彼は付け加えた。

送信
ユーザーレビュー
5 (1 投票)