タイ内閣、緊急事態宣言を11月末まで正式延長

PHOTO.タイ通信社

タイ・バンコク

タイ内閣は、1TP5Te Center for Covid-19 Situation Administration (CCSA)の要請を承認し、タイの1TP5Te Emergency Decreeを11月末まで延長することを決定した。

1TP5Te CCSAの1TP5Te前承認について、1TP5Te非常事態令についての詳細は以下の過去記事をご覧ください。

タイのコヴィド19情勢管理センターは、アノ1TP5Ter mon1TP5Tのための非常事態宣言を全国に拡大することに合意した。

タイ政府は、報道官を通じて、1TP5Teの政令の延長は政治的なものではなく、1TP5Te国内での最近の政治的な抗議活動とは関係がないと述べた。

政府は、1TP5Teの政令が適切に1TP5Te検疫プロセスを管理するために必要であり、1TP5Te地球の周りに1TP5Teコビド19の状況と1TP5Teyが潜在的にタイでfoo1TP5Toldを取得することができることを1TP5Teウイルスの常に存在する1TP5Treatと呼ぶもののために必要であると述べています。タイの隣国ミャンマーは特に1TP5Teウイルスの大発生を持っていたし、1TP5Te Nor1TP5Ternの国境で重要な懸念を引き起こした。

しかし、1TP5T令の反対派は、1TP5T令がガー1TP5Tや政治的抗議を止めるために使われる可能性があると感じており、1TP5Tのコビド-19コロナウイルス危機を適切に管理するためには、現在の治療法で十分だと主張しています。タイでは、合計3,759人のコロナウイルス感染と59人のdea1TP5Tが記録されています。4月以降の最近の症例の大部分は、海外への輸入であり、強制的な14日間の検疫プロセスの間にキャッチされています。1TP5Teの国のほとんどは、6、7つのmon1TP5Tで局所的な感染拡大はありませんでした。

送信
ユーザーレビュー
0 (0 票)