タイ議会、進行中の政治的対立を解決するための和解委員会の設置計画を検討中

PHOTO.タイラート

バンコク

タイ議会は、昨日10月27日夜、2日間の特別国会が終了した後、進行中の政治的対立を解決するための和解委員会の設置を検討している。

タイ民主党のジュリン・ラクサナウィシット党首が特別国会で和解委員会の提案を紹介した。

民主党のリーダーによると、和解委員会のメンバーは、政府代表、国会議員、野党代表、上院議員、著名な抗議指導者などの民主化抗議活動に関与する者、抗議活動に反対する者、政治の専門家など7人で構成されるという。

PHOTO.タイポスト

チュアン・リークパイ下院議長によると、政府・野党の両代表と上院議員は当初、民主党の提案を共同で検討する見込みだという。

また、昨年9月に非営利団体「iLaw」が提案した憲章改正案を待つかどうかも検討される。そうでなければ、11月1日の定例会で、通常の政党が提案した6つの法案の草案を検討することになるだろう。

代表者がiLawの憲章改正案を待つことに同意した場合、iLawが提案した法案の署名者の名前が確認されるまで待たなければならず、それは11月12日までに完了すると下院議長は述べた。

PHOTO.ノッパク・コングスワン

9月下旬、人権NGO「iLaw」は、前身の国民平和秩序評議会の権力を解体し、公選から有権者議会の新議員を選出し、国民の声の下で新たな憲章を作るための憲法改正と再改正のための7万人以上の名前の完全リストを手渡していました。

改憲に投票するのではなく 国会はiLawの憲法改正草案を検討する特別委員会を設置することを決め、採決を先延ばしにしていた。

PHOTO.タイポスト

また、プラユート・チャン・オチャ首相は、デモ隊との和解委員会を結成するという提案が、王国内での政治的解決策を模索するのに役立つ可能性がある限り、その提案に同意すると述べた。

デモ隊の辞任要求に対し、首相は臨時会で「国が危機的状況にあり、首相としての任務が完全に完了していないため、辞任はしない」と誓った。

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=–=–=–=–==-

私たちのニュースレターを購読することを忘れずに、スパムフリーの毎日のメールで私たちのすべてのニュースをお届けします。

フォローしてください フェイスブック, ツイッター, グーグルニュース, インスタグラム, チクトク, ユーチューブ, Pinterest(ピンタレスト, パーラー, フリップボード 或いは タンブラー

Facebookグループのディスカッションに参加しましょう https://www.facebook.com/groups/438849630140035/または下のコメント欄にご記入ください。

送信
ユーザーレビュー
0 (0 票)