タイのCovid-19状況管理センターは、全国の非常事態令をさらに1ヶ月間延長することに合意する

PHOTO.サイアムラス

ナショナル

コビド-19状況管理センター(CCSA)のスポークスマンであるタウェシン・ビサヌヨーチン博士によると、プラユート・チャンオチャ首相の議長国であるCCSAは、コビド-19コロナウイルスの局所的な拡散を防ぐため、緊急事態宣言を10月31日から11月30日まで、さらに1ヶ月間延長することで合意したという。

しかし、この延長は、明日10月27日の閣議でパネルが閣議に提案するまでは、まだ正式には承認されていない。報道官によると、11月にも閣議決定されれば、今回で7回目の延長となる。

PHOTO.タンセッタキージ

今年4月から発効している非常事態令は、政府が到着者を制限し、コビド-19の疑いのある症例のフォローアップを行い、すべての事業や公共活動に疾病対策を課すことを可能にしています。

CCSAは、この政令を延長することで、11月の特別観光ビザプログラムによる一部の観光客への再開の第一歩を踏み出すまでの間、タイ国内でのコビド-19コロナウイルス感染の発生率は低く維持され、国民はコビド-19コロナウイルスに対する安全性と安全性を維持できると考えています。

タウェシン博士はさらに、この延長は国内の親民主化デモの政治的緊張と動きには関係ないと強調した。

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=–=–=–=–==-

私たちのニュースレターを購読することを忘れずに、スパムフリーの毎日のメールで私たちのすべてのニュースをお届けします。

フォローしてください フェイスブック, ツイッター, グーグルニュース, インスタグラム, チクトク, ユーチューブ, Pinterest(ピンタレスト, パーラー, フリップボード 或いは タンブラー

Facebookグループのディスカッションに参加しましょう https://www.facebook.com/groups/438849630140035/ または下のコメント欄にご記入ください。

送信
ユーザーレビュー
3 (2 票)