タイの一週間を振り返る。先週のタイの全国ニューストップ5

ここでは、トップを見てみましょう。 ナショナル ストーリーは、パタヤニュース/TPNナショナルチームが先週10月19日から25日までに選んだものです。重要度は特にありませんが、掲載日順に記載しています。

1.39 人の中国人のツーリストはバンコクで到着し、Covid-19 のための否定的なテストされた今のところ、観光事業およびスポーツの大臣は今日確認します

タイは今上海からのツーリストの最初のグループを、特別な観光客の査証(STV) の機構の下の中国先週歓迎した。それらのほとんどは首都の近くの浜に大抵移動する270 日の最高の長期滞在のために計画した。少なくとも400 人の中国人ツーリストはスキームが最初のグループと巧妙であると証明したら11 月初めまでに国を、観光事業及びスポーツ大臣Phiphat Ratchakitprakarn に従って、それらが全旅行の間に一人につき約800,000 バーツの観光事業の収入を発生させると主張することを訪問すると期待される。

39 人の中国人のツーリストはバンコクで到着し、Covid-19 のための否定的なテストされた今のところ、観光事業およびスポーツの大臣は今日確認する

2. バンコクの親民主派のデモ隊が政府庁舎に行進し、3日以内の首相辞任を要求

民主化推進派のデモ隊は、先週、バンコクの勝利記念碑から政府庁舎まで行進し、プラユート・チャン・オーチャ首相とその軍事政権の辞任を要求する集会の激しさを増していた。抗議者たちは、プラユート首相の正式な辞表を警察の司令官に提出し、首相が3日以内に辞任した場合にのみ抗議活動を停止すると主張した。首相はその後、彼らの要求を無視し、その結果、今週予定されていた抗議行動がいくつか行われることになった。

リキャップ。バンコクのデモ隊が政府庁舎にデモ行進し、3日以内の首相辞任を求める

3.タイ政府、バンコクでの厳戒態勢宣言を終了

タイ政府は、デモ参加者の政府庁舎への行進中にプラユート・チャン・オー・チャ氏がテレビで、デモ参加者、法執行機関、または対立する抗議団体の間で暴力的な事件がなければ宣言を取り消すと発表したことを受けて、バンコクでの厳しい非常事態宣言を撤回した。しかし、この通達は、3月からコビド19の蔓延を防ぐために発動されていた国家緊急事態宣言ではない。

タイ政府、バンコクでの厳戒態勢宣言を終了

4.フランス人女性が14日間の隔離から解放された直後にサムイ島でコビド19に陽性反応を示した。

このケースは、約7ヶ月間にサムイ島地域でコビド19感染の最初の確認されたローカルケースと考えられています。フランス人女性は、報告によると、彼女の夫と息子とフランスからサムイ島に戻っていたし、14日間の状態の検疫の後、数日後に2回Covid-19コロナウイルスの陽性をテストしていた。彼女の家族や他のハイリスクの連絡先は、すべてウイルスのテストが陰性で、隔離されたままになっています。当初、この女性はサムットプラカーンのホテルでの自己隔離中にコビド-19に感染したと考えられていました。

14日間の隔離から解放された直後にサムイ島でコビド19の陽性反応が出たフランス人女性

5.タイ首相は辞任せず、親民主派がさらなる抗議行動を起こす

プラユット・チャン・オー・チャ将軍は、タイの首相としての地位を明らかにし、親民主主義活動家の辞任要求を無視した。彼は、日曜日のワットチェトゥポンウィモンマンカララムでの仏教の祈りの後に辞めないと言っているのが聞こえ、今日の午後のドイツ大使館への行進を含む、親民主主義のデモ隊によるより激しい組織化された集会につながった。

タイ首相辞任せず、親民主派がさらなる抗議行動を展開

今週は以上です、いつもながらパタヤ/TPN全国ニュースを読んでいただきありがとうございます!

送信
ユーザーレビュー
0 (0 票)