民主主義活動家たちは、バンコクのドイツ大使館への行進を開始する。

バンコク

重要:これは発展途上の話であり、夜を通して更新されます。このページでは、中立的で偏見のないイベントの最新情報をお届けします。イベントの進行に合わせて、このページの下の方にライブアップデートがあります。

本日10月26日午後3時の時点で、バンコクのサムヤン・ミットタウン・ショッピングモール前では、予定通り午後5時からのドイツ大使館への行進に備えて、民主化活動家のグループが膨れ上がっていました。

民主化賛成派の集会に先立ち、午後1時頃、ドイツ大使館の外に集まった王室派支持者のグループは、大使館の担当者に嘆願書を提出するために、民主化賛成派がソーシャルメディアを通じて王政とタイ政府に関する誤った非難を広めたと感じていることを説明し、ドイツ政府にこの問題の両面を検討するよう促していました。

暴動取締警官が大使館に到着し、超王党派が午後2時に集会を終了した直後の民主化デモに先立ち、大使館入口前に交通バリケードと有刺鉄線のフェンスを設置した。

タマサート大学とデモ隊のオンライン声明によると、今晩のデモ行進は、国王陛下がドイツの領土で権力を行使してドイツの主権を侵害したかどうかを調べるために、ドイツ当局に物議を醸した請願書を提出することを目的としているという。

一方、在タイドイツ大使館は本日、言論の自由を奨励し、平和的な抗議者からのメッセージを大使館で歓迎するとの公式書簡を出した。

デモ隊は現在、ラーマ4世に向かって移動し、彼らは午後5時30分までに解散するように群衆を指示している警察官のグループによって遭遇されたサソン道路に位置するドイツ大使館に向かっている。グループは予想通り指示を無視して、彼らの目的地に行進し続けることを主張した。

写真を見る。フリーユース、タイ・エンキラー、ロイター

送信
ユーザーレビュー
5 (3 票)