サムットプラカーンでガスパイプラインが爆発し、少なくとも2人が死亡、20人が負傷した。

サムットプラカーン

10月22日午後、レームチャバン地区からサムットプラカーン県の工業団地にガスが移送されている間に、ガスパイプラインが爆発した。

事件は、サムットプラカーン県バンボー地区のソイ・プレン・ウィスースタティブディー学校で発生した。爆発により工業団地内で大規模な火災が発生し、近くの地元の家庭にも波及し始めている。

動画クレジット:INNニュース

地元住民や産業界の従業員は直ちに避難を命じられたが、一方でサムットプラカーン当局はすでに現場に到着し、消防車を派遣して水と消火用の泡で火を消している最中である。

この火事により、同地域では10世帯以上が被害を受けたと報じられています。少なくとも2人が死亡し、これまでに20人が負傷したと報告されています。

PHOTO.ウォッチアラポンニュース

ガスを封じ込めたとされるPTT Public Company Limitedによると、午後2時34分頃、火災は現在コントロールされていることが明らかになりました。当初、爆発はパイプライン内のNGV液化天然ガスの漏洩・拡散が原因と考えられていたが、被害の原因については当局の調査中であることが明らかになった。一方、PTT緊急管制センターの担当者は、負傷者の救出と事態の収拾を急いでいます。私達はこの成長の物語のより多くを持っているそれが入って来ると同時に。

PHOTO.ウォッチアラポンニュース
PHOTO.ウォッチアラポンニュース
PHOTO.ウォッチアラポンニュース
送信
ユーザーレビュー
4 (2 票)
前の記事冬がやってくる!タイ気象局が本日、タイの冬を発表
次の記事バットマンディスコで「パタヤの一日」と呼ばれる大掃除
アダム・ジャッド氏は2017年12月よりパタヤニュース英語の共同オーナー。アメリカのワシントンD.C.出身です。彼のバックグラウンドは人事とオペレーションの分野で、10年前からニュースとタイに関する記事を書いています。彼はパタヤにフルタイムで6年半以上住んでおり、地元ではよく知られており、10年以上前から定期的にパタヤを訪れています。オフィスの連絡先を含む彼の全連絡先情報は、下記のお問い合わせページに掲載されています。 ストーリーは、電子メール Pattayanewseditor@gmail.com をお願いします。 私たちについて: https://thepattayanews.com/about-us/ お問い合わせ: https://thepattayanews.com/contact-us/