民主化賛成派とタイ警察はともに10月14日にさらなるデモに備えている。

PHOTO.ノッパク・コングスワン

バンコク

警視庁(MPB)は、10月14日に予定されている民主化モニュメントでの親民主デモに向けた準備を計画している。

警察のパカポン・ポンペトラ中将(MPB長官)は昨日10月4日、報道陣に対し、バンコク警察は今月も大規模な親民主主義集会への参加を呼びかけている様々な親民主主義グループのソーシャルメディア上での発表や反応を監視していると述べた。

コミッショナーによると、ソーシャルメディアを監視する当局は、その日の平和と秩序を維持するために配備する警察官の適切な数を決定する前に、集会に参加する人々の数を見積もるという。

バンコク警察は、近隣住民の迷惑にならないようにデモ参加者のエリアを制限するとともに、コヴィド19対策による健康診断ポイントを設置するとともに、集会エリアの平和と安全を維持するためのセキュリティポイントを設置する予定である。

パカポン氏はまた、抗議活動の指導者たちには、公会法を遵守し、デモを法に則って運営し続けることで当局に協力してほしいと述べた。

警察の派遣は、主にデモ参加者やその他の人々の安全を確保し、不幸な事件を防ぐためのものである。一方、プラユート・チャン・オチャ首相は昨日10月5日、デモ参加者には政治的表現を行使する権利があると述べたが、国はまだ多くの深刻な問題に直面しているため、次期民主化推進派の集会がこれ以上の政治的緊張を引き起こさないことを願っていると述べた。

送信
ユーザーレビュー
5 (1 投票)