シーラチャゴルフ場で日本人客のクレジットカードを盗んで使用したと報じられたレジ係を逮捕

シ・ラチャ、チョンブリ

シーラチャ地区のゴルフ場で日本人客のクレジットカードを盗んで使用したと報じられた女性レジ係が逮捕された。

今週、警察は、チャンタブリ出身の44歳のタンワ・スーンウォンディットを、ムアン副地区のサネスク通りにあるゴルフ場のキャッシャーカウンターで逮捕した。

逮捕されたのは、週末に定期的にゴルフ場でプレーし、バンコクで合法的に生活している日本人の通報を受けてのこと。

この日本人は、携帯電話に「クレジットカードが2日間で6回も使用された」というSMSアラートを受信し、異常行為のフラグが立ったという。 総額は約10万バーツに上るという。

この日本人はバンコク警察に被害届を提出した。シーラチャ警察に協力して捜査・身元確認を行ったという。

容疑者は警察にクレジットカードの盗難の責任があると認め、コヴィド-19の危機の際に発生した借金の支払いにお金が必要だったと話しています。しかし、購入した商品の多くは衣類のように見えた。

窃盗罪と他人の電子クレジットカードを使った罪で起訴されている。
-=-=-=-

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=–=–=–=–==-

私たちのニュースレターを購読することを忘れずに、スパムフリーの毎日のメールで私たちのすべてのニュースをお届けします。

フォローしてください フェイスブック, ツイッター, グーグルニュース, インスタグラム, チクトク, ユーチューブ, Pinterest(ピンタレスト, パーラー, フリップボード 或いは タンブラー

Facebookグループのディスカッションに参加しましょう https://www.facebook.com/groups/438849630140035/ または下のコメント欄にご記入ください。

送信
ユーザーレビュー
5 (3 票)