パタヤは四旬節の最後の日に嵐に見舞われる可能性が高いです。

タイ

今日はタイの四旬節の終わりを告げる日であり、また全国的に大雨と孤立した嵐をもたらす可能性があり、特に王国の北と北東部で。

TPNの本拠地であるチョンブリでは、特に朝と夕方の時間帯に孤立した雷雨が見られそうだ。

北部と北東部では、特にタイ気象局(TMD)は、時折大雨が降り、特に被害の大きい地域では洪水や地滑りの可能性があると警告している。

これは、タイの北下、中央、東、北東部にモンスーントラフが横たわっているためです。さらに、低気圧がベトナム中部の沿岸で王国に侵入しています。一方、アンダマン海、タイ、タイ湾上の南西モンスーンが雨の可能性に貢献しています。

送信
ユーザーレビュー
0 (0 票)