公式には...木曜日の深夜からアルコール販売禁止、タイでは宗教上の祝日のため金曜日に娯楽施設が休業

チョンブリ

私たちが最初に報告したように、仏教の四旬節の終わりは今週の金曜日にタイに到着し、それはアルコール販売の24時間の禁止が付属しています。

今日パタヤの一部の地元企業に出た禁止令を知らせる手紙がパタヤ・ニュースに届いた。

これに伴い、バーやナイトクラブなどアルコールを主体としたエンターテインメント関連のお店は、10月2日(金)の木曜深夜から終日24時間休業となります。

また、レストランや食料品店、ホテル、コンビニエンスストアなど、すべての会場でアルコールの販売が禁止されます。禁止に違反した場合の罰則は厳しい。スポーツバーのような会場はスポーツイベントのために営業することができますが、アルコール飲料を提供することはできません。

アルコールの消費は違法ではありませんが、宗教的な祝日には禁止されています。仏教の四旬節の終わりは、僧侶が1年間の隠遁生活を終え、通常の修道生活や旅行に戻ることができる期間を示します。

送信
ユーザーレビュー
4 (1 投票)