タイのGDPは10.4パーセントと同じくらい急落すると予測され、ASEAN諸国で最悪の経済不況、世界銀行は言う

PHOTO.タイラート

ナショナル

タイのGDPは、コビド-19の流行でASEAN諸国の中で最悪の景気後退になると予測されている、と世界銀行は昨日9月29日に述べた。

コビド19発生後のアジア太平洋地域の国々の経済成長を調査した同機構の調査によると、今年末までに貿易・観光部門や政治的な不確実性が悪化すれば、タイの経済は8.3%、あるいは10.4%縮小する可能性があるという。

この研究によると、タイではパンデミックが始まった当初、コビド19の感染者が多く発生していましたが、コロナウイルスの拡散を防ぐために、厳しい旅行や健康対策、社会的な距離を置くことで、初期の段階で感染を抑制していました。これには、タイの主要産業である観光業の国境を閉鎖することも含まれています。

しかし、輸出やサービス業、観光業からの収入に大きく依存しているため、今回の措置は諸刃の剣となっている。その結果、国内経済の回復が鈍化しており、経済再生の可能性が出てきた中国やベトナムよりも悪化している。

この研究が正確であれば、東南アジア第二の経済大国にとって最悪の経済収縮となり、1997年のアジア金融危機後の1998年の7.9%の収縮よりもさらに悪化することになるだろう。

PHOTO.タンセッタキージ

世界銀行のシニアカントリーエコノミストであるキアティポン・アリヤプルチャ氏は、同国のGDPがコビッド以前の水準に回復するには少なくとも3年はかかるだろうとAP通信に語った。

彼は言った。"コビッド19の潜在的な第二波、現在進行中の干ばつと洪水、経済チームのメンバーの辞任を含む政治的緊張、国内での進行中の反政府デモと一緒に、今年の第3四半期と第4四半期にタイ経済に影響を与える可能性があり、来年まで、または最悪のシナリオでは、さらに3年間。"

PHOTO.タイ通信社

世界銀行のタイ担当カントリーマネージャーであるバーギット・ハンスル氏は、タイ政府は国内経済を活性化させるために、国民のために「We Travel Together」キャンペーンや追加の休暇などの金融刺激策を打ち出したが、それは国内のGDP全体を回復させることはできないと述べた。また、外国人観光産業を閉鎖するのは難しい問題だが、観光のための国のインフラを破壊していると述べた。

"政府は、非常事態令が国内経済を悪化させていることを認めなければならない。公衆衛生対策の実施と国内経済の再生を両立させるために、民間部門と協力して代替案を考え出すことをお勧めします」と、ビルギット氏は締めくくった。

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=–=–=–=–==-

私たちのニュースレターを購読することを忘れずに、スパムフリーの毎日のメールで私たちのすべてのニュースをお届けします。

フォローしてください フェイスブック, ツイッター, グーグルニュース, インスタグラム, チクトク, ユーチューブ, Pinterest(ピンタレスト, パーラー, フリップボード 或いは タンブラー

Facebookグループのディスカッションに参加しましょう https://www.facebook.com/groups/438849630140035/ または下のコメント欄にご記入ください。

送信
ユーザーレビュー
4 (5 票)