緊急事態宣言は10月末までに6回目の全国的な延長、タイの内閣は本日確認した

PHOTO.タイラート

ナショナル

プラユート・チャン・オチャ首相が議長を務めるタイ内閣は、本日9月29日の閣議で、CCSAが提案した10月の緊急事態令の6回目の延長を正式に承認した。

続いて 昨日の記者会見での政令延長承認の発表その後、CCSAは、今朝の週刊閣議でタイ内閣が最終投票を行うことを提案した。

PHOTO.タンセッタキージ

緊急事態令の延長は10月1日から31日まで。この政令が4月に初めて施行されて以来、6回目の正式な延長となります。

政令を延長することで、タイは局地的な感染率を低く維持し、国民はコビド-19コロナウイルスに対する安全性と安全性を維持することができると考えている。

CCSAのスポークスマンであるタウェシン・ビサヌヨーチン氏によると、今回の延長は、国内の親民主化デモの政治的緊張や動きには関係ないという。

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=–=–=–=–==-

私たちのニュースレターを購読することを忘れずに、スパムフリーの毎日のメールで私たちのすべてのニュースをお届けします。

フォローしてください フェイスブック, ツイッター, グーグルニュース, インスタグラム, チクトク, ユーチューブ, Pinterest(ピンタレスト, パーラー, フリップボード 或いは タンブラー

Facebookグループのディスカッションに参加しましょう https://www.facebook.com/groups/438849630140035/ または下のコメント欄にご記入ください。

送信
ユーザーレビュー
2.5 (2 票)