10月8日に中国から特別観光ビザでタイを訪れる初の観光客グループが到着

タイ国旗と中国国旗の組み合わせ

バンコク

タイ政府観光局の知事は今朝、タイの報道機関と話し、新しい特別観光ビザの最初のグループは中国からの観光客で、10月8日に到着することを明らかにしました。

一行は広州から出発し、約120人が飛行機でプーケット県のタラン地区を訪れる。

総裁のユタサック・スパソーン氏は、広州では何ヶ月も前からコビド-19の局所的な感染が記録されていないと述べた。一行は検疫を受け、コビド-19検査を含むその他の必要な検査を受けなければならない。彼らはまた、特別観光ビザで必要とされる健康保険に加入している。

さらに、中国からの観光客の別のグループが10月末近くに到着し、11月1日には北欧諸国からのグループが到着します。

今年3月以来の「観光客」の集まりとなる。いずれも「長期滞在観光客」で、特別観光ビザで90日まで滞在することができ、2回の延長も可能です。特別観光ビザについての詳細は以下をご覧ください。

タイの「特別観光ビザ」の料金や追加料金などの詳細をご説明します。

 

 

送信
ユーザーレビュー
2.33 (6 票)