タイでのビザ「アムネスティ」期間の延長を正式に閣議決定、さらなる詳細を発表

タイ

タイ政府の報道官であるTraisuree Taisaranakul氏は本日午後、バンコクでの簡単な記者会見で、在日外国人に対する恩赦期間が承認され、10月末まで延長されたことを認めた。

また、入国管理局副局長のポンチャイ・クンティー氏の記者会見では、以下のように述べられています。 10月末までの延長で1,900バーツを支払っていた人は、11月末まで滞在することができます。 ただし、更新されたスタンプは入国管理局に行く必要があります。

10月31日を過ぎてタイに滞在することを計画している外国人は、TraisureeとPornchaiの両方が述べたその日の前に入国管理局を訪問する必要があります。  タイ王国の入国管理局によると、入国管理局は包括的な恩赦ではなく「ケースバイケース」のシステムに移行するようですが、将来的には恩赦を受けている人には帰国できない場合は60日間の滞在が認められ、大使館からの手紙は必要ないかもしれません。また、全体的な滞在プロセスは、かなりの数の旅行や書類を必要とせず、プロセス全体が改善されていると述べた。

タイの首相は、世界的な状況のため、我々は親切なホストであるべきであり、比較的コビドのないタイの人々が滞在できるようにすべきであると述べ、またタイ商工会議所は、恩赦と財政支援を受けている人々を滞在させ、経済を助けるように繰り返し要求してきました。

三月下旬からビザ免除が始まった と国の観光客が家に帰ることなく滞在することができました。半年以上が経過しているが、一部の国では未だにフライトが制限されており、空の旅は完全に通常の状態には戻っていない。さらに、何人かの観光客は、公式にはコビド19の最近の局所的な感染例がないタイに滞在し、パンデミックがまだ猛威を振るっているかもしれない自国に戻ることを好むと述べている。

これは、タイ移民局が数週間に渡り、期限切れ後の恩赦の「厳格な」執行について警告を発し、いくつかの部署から逮捕者や強制送還の可能性について警告を受けた後のことである。姿勢は今ではかなり軟化しているように見えます、パタヤ・ニュースによると。国際的な国境は当面の間、一般観光客の立ち入りを禁止したままです。

 

送信
ユーザーレビュー
4.4 (5 票)