明日の閣議決定に向けて、別の緊急事態令の延長が提案されるとCCSAのスポークスマンは述べている。

バンコク

コビド19情勢管理センター(CCSA)は、明日9月29日の次回会合でのタイの閣議承認に向けて、緊急事態令の6回目の延長を提案している。

CCSAのスポークスマンTaweesin Visanuyothin博士は、今朝9月28日の公開会見でAP通信に対し、CCSAは、局地的な感染例の少なさを維持し、コビド-19コロナウイルスに対する市民の安全を確保するために、緊急事態令の状態をさらに延長することで合意したと述べた。

今回の延長は、ミャンマーを含む世界的にコビド-19の蔓延が危機的な状況にあることを理由としています。また、タイでも現地での広がりを抑え、タイ国内での広がりを防ぐために、タイは医薬品の供給や支援を行います。

しかし、今回の延長は、国内の親民主化デモの政治的緊張や動きには関係ないとタウェシン博士は強調した。

現在の緊急政令は9月30日で終了し、今年4月から施行されている。延長は、最終的に閣議決定されれば10月1日から31日までと推定されます。

また、今日の発表は正式には承認されていないが、明日の閣議で正式採決を経て確定するまではほぼ確定しているという点も注目に値する。

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=–=–=–=–==-

私たちのニュースレターを購読することを忘れずに、スパムフリーの毎日のメールで私たちのすべてのニュースをお届けします。

フォローしてください フェイスブック, ツイッター, グーグルニュース, インスタグラム, チクトク, ユーチューブ, Pinterest(ピンタレスト, パーラー, フリップボード 或いは タンブラー

Facebookグループのディスカッションに参加しましょう https://www.facebook.com/groups/438849630140035/ または下のコメント欄にご記入ください。

送信
ユーザーレビュー
1 (1 投票)