タイの内閣は、明日、10月末までの外国人のためのビザ免除を正式に承認する可能性が高い。

PHOTO.タンセッタキージ

タイ

媒体の重い憶測の週末の後でおよびタイのいくつかの移民局でなされる発表は、公式な手段によってではなく、また、流出した無署名の順序と同様に、ビザの慰謝料が提案され、ほぼ確実に週刊タイ閣僚会議で明日付与されるようである、Covid-19の状況管理のスポークスマンのためのセンターによると、Taweesin Visanuyothin博士は今日より早いAP通信社への声明の中のTaweesin Visanuyothin

慰謝料は4月から実施されており、タイ王国の観光客が合法的に滞在できるようになっています。 しかし、入国管理局によると、現在オーバーステイ中の人には罰則はないとのことですが、元々のビザの有効期限は9月26日でした。

しかし、注意すべき点は、今夜の時点では、この恩赦はまだ正式なものではなく、おそらく明日29日の週刊タイ閣僚会議でタイ内閣が最終決定を下して署名するまでは、この恩赦は行われないということだ。

特にバンコクとパタヤの入国管理局が、週末にビザ更新を試みる外国人が殺到したことを受けての決定と伝えられています。

提案されているビザアムネスティの延長は、10月末までと言われています。10月末までの滞在を希望する外国人は、できるだけ早くビザの問題を解決することをお勧めします。パタヤニュースは、長期滞在を希望する外国人のために、現在承認されている特別観光ビザにサインアップする能力を提供することを提案する社説を書く予定です。

 

 

送信
ユーザーレビュー
3.4 (5 票)