タイ・センター・フォー・コヴィド-19状況管理特別会議レキャップ緊急政令、特別観光ビザ、アムネスティ

バンコク、タイ

以下は、本日正午にバンコクで開催されたナタパヌ・ノパクン報道官主催のコビド19状況管理センター(CCSA)特別会議の報告である。これは、彼らが約1ヶ月ぶりに開催した大規模な会議である。

今朝、会議に先立ち、タイのプラユット・チャン・オチャ首相が議長を務めるCCSAの会議が開催された。

首相は今朝の会合での声明で、公式に発見された局所的な拡散事例がないにもかかわらず、マスクは依然として重要であり、タイ全土で使用されるべきであると強調した。

広報担当者は、DJやサッカー選手のようないくつかのケースが発見されたが、国内ではコビド19で発見されたが、国内でのウイルスのさらなるエスカレートはなかったと強調した。彼らは、ケースがどこから来たと信じているかを特定しませんでした。

本日新たに確認された輸入例は22例で、全て海外からのもので、州の検疫所で発見されました。一般市民への危険性はなかった。大半は、エンジニアリングが関与する国連ミッションの一環として南スーダンから来たタイ人だった。

タイでは合計3,535人の患者が発生しています。3,369人が完全に回復し、1月のコビド19発生開始以来、合計59人の死者が出ています。

ナタパヌ氏は、タイの隣国ミャンマーを含め、世界中でコビド-19との戦いの状況は依然として非常に悲惨な状況にあると強調した。タイは、現在のコビド-19との戦いのために、ミャンマーに医療機器を提供して支援することになった。 その状況については、こちらをクリックすると詳細を読むことができます。

スペシャル・ツーリスト・ビザは、最長9ヶ月間の長期滞在の観光客を対象に、CCSAが正式に認めたものです。 特別観光ビザの申請方法の詳細は、以前の詳しい記事からこちらをご覧ください。 しかし、具体的な情報や詳細については、どのような国が訪問できるのかなど、まだ100%完全ではありません。

外国人選手は現在、適切なテストと大使館/領事館の承認を得て、管理された競技会に参加することが承認されています。

APECカードをお持ちの方は、コビド-19のリスクが低く、コビド-19をお持ちであれば、承認後にタイへの入国が可能になりました。

特別観光ビザをお持ちの方は、10月8日から上記の記事から承認を得て、適切な書類を全て完成させて入国することができます。

明日の閣議では、他のビザ関連の問題が取り上げられ、おそらくアムネスティ中の人たちのためのものと思われます。(まだ正式には承認されておらず、ビザの期限切れや延長のニュースについては特に話していない。).

タイ政府はほぼ確実に緊急事態宣言を10月末まで延長するだろうしかし、明日のタイの閣議で正式に発表されるわけではありません。これは世界的なウイルスの状況によるものですこの件については後ほど詳しくお伝えします

景気回復の主な任務は、CCSAが健康面と送還面を中心に、CPCEが観光などの経済に関する面を中心に担当するのに対し、ポストコヴィド経済センターに引き継がれることになる。

今日のパタヤ・ニュースでは、これらのテーマについての個別取材を予定しています。

 

 

送信
ユーザーレビュー
4 (1 投票)