タイの「スーパーポール」は、大多数のタイ国民が憲法を読んだことがないことを認めているが、憲法改正を要求していることを示しており、外交関係が関与していると考えられている。

PHOTO.マネージャーオンライン

ナショナル

タイの教育研究センター「スーパーポール」のノッパドン・カンニカ常務理事は、「タイにおける外交関係と政治介入」という調査テーマで、全国のあらゆる分野の1,069人を対象に実施した最近の世論調査の結果を明らかにした。

1997年の憲法の国民の読書体験については、以下の調査によると、過半数の81.5%が憲法を読んだことがないのに対し、一部を読んだことがある人は2.5%、憲法全体を読んだことがある人は16%となっています。

2017年憲法については、過半数の71.7%が一度も読んだことがないのに対し、2.1%が一部の条項を読んだことがあり、26.2%が憲法全体を読んだことがあるとしている。

逆に、大多数(85.3%)の例では、報告されている内容を他の人から聞いた上で憲法改正の要求を述べ、自分では読んでいないが、少数派の14.7%は、自分で読み終えても憲法改正を要求していると主張していた。

PHOTO.フリーユース

大多数(95.6%)の例では、国王と君主制に関わる部分を除くいくつかの部分を解決するために憲法を改正すべきだとしたのに対し、すべての部分を編集可能だとしたのはわずか4.4%だった。

憲法改正への関与の可能性など、タイの内政に外国の同盟国が介入したことがあるかどうかを聞いたところ、「賛成」が75.1%と過半数を占め、「反対」は24.9%にとどまった。

中国は常にタイ政府を心から支持し、タイの人々や文化を理解していると答えた人が22.5%だったのに対し、18.3%の人は米国だと答えた。54.2%の人が「両国はタイの信頼できる同盟国である」と答えたのに対し、7.7%の人は「どちらでもない」と答えた。

PHOTO:นิรนามปลดแอก

常務理事によると、世論調査の結果、ほとんどのタイ人は1997年と2017年の両方の憲法を読んでいないが、それでも多数派の要求と社会のサイクルの中での人々の指導に基づいて憲法を改正することを望んでいると結論付けている。

彼らの多くは、王政に関する憲法の犯罪条項に言及し、改正することを勧めていないし、また、外国の動きがタイの憲法運動の挑発に介入し、現在の親民主主義者の集会のスポンサーになっているとの信念を示した。

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=–=–=–=–==-

私たちのニュースレターを購読することを忘れずに、スパムフリーの毎日のメールで私たちのすべてのニュースをお届けします。

フォローしてください フェイスブック, ツイッター, グーグルニュース, インスタグラム, チクトク, ユーチューブ, Pinterest(ピンタレスト, パーラー, フリップボード 或いは タンブラー

Facebookグループのディスカッションに参加しましょう https://www.facebook.com/groups/438849630140035/ または下のコメント欄にご記入ください。

送信
ユーザーレビュー
2.33 (3 票)