CCSAは、タイ政府が非常事態宣言を10月まで延長することを示唆している。

PHOTO.タンセッタキージ

ナショナル

プラユット・チャン・オチャ首相の下にあるコビド-19状況管理センター(CCSA)は昨日9月24日、小さな集会で、隣国でコビド-19パンデミックの第2波が発生していることから、政府は非常事態宣言の状態をさらに1ヶ月延長すべきであるとの結論を出した。

同委員会は、緊急事態宣言は、局地的な感染防止のために、保健省の監督と協力のもと、全国的に厳格な保健対策を確保・強化することが義務づけられていることに変わりはないとしています。

PHOTO.マティチョンオンライン

今回の緊急事態宣言は、1ヶ月で5000人に急増した隣国ミャンマーでのコビド-19感染の急増を防ぐ意味でも重要な意味を持っている。

延長に関する更なる協議は、9月30日(水)の閣議で検討され、最終決定される前に、来週火曜日に開催されるCCSAの大きな会議で議論されます。特別観光ビザ(STV)プログラムの下での再入国についての詳細も会議で発表される予定です。

現在の緊急政令は9月30日で終了し、昨年4月から施行されている。最終的には10月にも閣議決定されれば、7回目の度数延長となる。

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=–=–=–=–==-

私たちのニュースレターを購読することを忘れずに、スパムフリーの毎日のメールで私たちのすべてのニュースをお届けします。

フォローしてください フェイスブック, ツイッター, グーグルニュース, インスタグラム, チクトク, ユーチューブ, Pinterest(ピンタレスト, パーラー, フリップボード 或いは タンブラー

Facebookグループのディスカッションに参加しましょう https://www.facebook.com/groups/438849630140035/ または下のコメント欄にご記入ください。

送信
ユーザーレビュー
1.5 (2 票)