オピニオン。タイの観光業のGDPがいくらであろうと関係なく、観光は世界にとっての顔である

以下は、Pattayanewseditor@gmail.com に送られた意見です。当社では、ケースバイケースで意見を検討し、公表しています。これらは執筆者の意見を反映したものであり、パタヤ・ニュース社の意見を反映したものではありません。Limitedの意見ではありません。本文は以下の通りです。

タイのGDP観光がどれくらいなのかという議論にはうんざりしています。

私は、人々がこのポストで議論すると確信していますが、彼らはすべてのポストで行うように、しかし、私はこれについての私の意見を述べたいと思います。私の情報のどれも統計的に100パーセント正確ではないことを覚えておいてくださいが、どちらもそこにある様々な情報のどれでもありません。

海外のソーシャルメディアでは、観光産業のGDPがどれくらいで、タイにどれくらいの恩恵を与えているかという議論がなされていますが、この数字は8%と8%の差があります。この数字は8%と低いものから25%近くにもなるものまで様々です。

実際のところ、公式機関が発表している観光に関する公式数字は、タイの労働力の大部分を占めると労働省が何度も述べているインフォーマルは含まれておらず、正式なGDPのみを対象としている。インフォーマルとは、いわゆる下働きで、税金を払わず、社会保障も受けていない人のことを指す。

非公式には、ほぼすべての市場のベンダー、小さな店、バイクタクシーの運転手、露天商、修理工、ツアーガイド、ボートやバスの運転手、サーバー、キャバレーダンサー、セキュリティ、DJ、そして公式には全く存在しない数十億ドルの価値がある巨大な赤信号産業が含まれています。基本的に、観光産業のかなりの部分。

実際のところ、外国人にとって正確な割合はどうでもいいのです。外国人にとってタイは観光産業です。それは彼らがドリアンの果実でどれだけ輸出しているかではありません。コーラートのハードドライブ工場でもない。世界はタイを「微笑みの国」「アメージングタイランド」と見ているのです。

外国人観光客を禁止し、何万人もの慰安婦を放り出し、基本的に観光産業が完全に崩壊している現状は、世界に向けてタイの顔を傷つけるだけだ。それがどのくらいのお金に貢献しているかについて激しい議論をしても無駄だ。そう、ウイルスは現実的な問題だ。しかし、永遠に隠れることはできません。何百万人もの人々の生活を破壊しない解決策を見つける必要があります。

タイは世界への窓口である観光産業を忘れてはいけません。タイの観光産業をロックダウンし、ロックアウトしたままにしておくと、何千もの企業が自分たちのせいではないのに永遠に失敗するのを見ているだけで、誰もが傷つくだけです。

リック ウドンタニ

送信
ユーザーレビュー
4.06 (16 票)