サタヒップ寺院のコーヒートラックが火災で大打撃を受ける

PHOTO.ナンタポン・ティプスリ

サタヒップ

昨日の午後、サタヒップの寺院内で火災が発生し、コーヒートラックが深刻な被害を受けました。

サタシップ警察のパンヤ・ダムレック警部は、昨日の午後4時頃、サタシップ寺院のコーヒートラックで火災が発生したとの通報を受けた。

警察、救急隊、消防隊が複数の消防車でサタシップ寺院に到着したところ、コーヒートラックがすでにかなりの煙を上げて激しく燃えているのを発見しました。

地元の住民、コーヒートラックのオーナー、寺のスタッフは、無駄に火を消そうとしていました。消防士がすぐに対応し、5分もかからずに鎮火しました。火事による負傷者はありませんでした。

PHOTO.ナンタポン・ティプスリ

コーヒートラックのオーナーであるケーソン・サッタさん(45歳)は、火が出た時にコーヒー飲料を売っていたとAP通信社に語った。彼女は自分で火を消そうとしましたが、すぐに燃え広がり、寺のスタッフに助けを求めました。スタッフの一人が消防署を呼び、他の人たちは彼女が火を消すのを手伝おうとした。

パンヤ・ダムレック警部は、トラックのガスボンベの不良が火花を散らして炎上したとみているとAP通信社に話しました。損害の正確な範囲は、ケソンさんがまとめて集計しているところである。

出所: ナンタポン・ティプスリ

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=–=–=–=–==-

私たちのニュースレターを購読することを忘れずに、スパムフリーの毎日のメールで私たちのすべてのニュースをお届けします。

フォローしてください フェイスブックツイッターグーグルニュースインスタグラムチクトクユーチューブPinterest(ピンタレストパーラーフリップボード 或いは タンブラー

Facebookグループのディスカッションに参加しましょう https://www.facebook.com/groups/438849630140035/ または下のコメント欄にご記入ください。

送信
ユーザーレビュー
0 (0 票)