赤信号を走るバイクタクシーの運転手が、サタヒップでバイクに乗っていた10代の学生を直撃

サタシップ

バイクタクシーの運転手が昨日の夕方、サタヒップでバイクを運転していた10代の学生と衝突する前に赤信号を走ったと報じられた。

ナ・ジョムティエン警察のウドム・スリマート警部は、午後5時10分にスクンビット通りの交差点で事故が発生したと通報を受けた。

警察、救急隊、パタヤ・ニュースが現場に到着し、チャトウィライ・ラオパンナさん(18歳)とタウィン・サミラさん(58歳)という男性タクシーバイク運転手が負傷しているのを発見しました。二人とも地元の病院に搬送されました。

チャトウィライはナジョムティエン警察に、青信号を通過して運転していた時にサミラさんが赤信号を通過して彼女に衝突したと話しています。

サミラ氏は警察に「信号機を違法に走らせた」と認めたと報じられている。

ナ・ジョムティエン警察は、さらなる法的措置の可能性を求めて交差点のCCTV映像をチェックしており、サミラ氏の告発を検討しています。

送信
ユーザーレビュー
4 (1 投票)