バンコクで昨年中国人観光客を強姦したとされる強姦魔を逮捕

バンコク

昨年3月29日に中国人女性観光客に強制強姦を行ったと報じられたニミット・シリワトフォン(37歳)が本日9月22日、バンコクのアパート前で逮捕されました。

逮捕は、2019年4月24日にタイ刑事裁判所から発行された逮捕状によると、同容疑者は、あらゆる手段で脅迫して他人を強姦し、被害者を意識不明にさせたり、抵抗できなくさせたりするために力を使った罪で起訴されている。

令状によると、中国人観光客はバンコクのバンカピ地区にある彼女のアパートに滞在していたが、ニミットは裸で建物の中を歩いていたとされ、彼女の部屋に不法侵入し、「彼女と性行為をしたい」と言っていたという。

彼は、すぐに現場から逃げる前に身体的暴行と性暴力を行ったと告発された。被害者はその後、ホアマック警察署に被害届を提出しました。逮捕状は最終的に、1年間潜伏していたと報じられた後、ラットプラカオ地区に目立たないように住んでいた強姦魔を捕まえることにつながった。

ニミトは最初の取り調べの間、令状に記載された告発をすべて否認しています。彼は逮捕状に基づいて起訴され、法的手続きのために華マーク警察署に連行される予定です。

 

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=–=–=–=–==-

私たちのニュースレターを購読することを忘れずに、スパムフリーの毎日のメールで私たちのすべてのニュースをお届けします。

フォローしてください フェイスブック, ツイッター, グーグルニュース, インスタグラム, チクトク, ユーチューブ, Pinterest(ピンタレスト, パーラー, フリップボード 或いは タンブラー

Facebookグループのディスカッションに参加しましょう https://www.facebook.com/groups/438849630140035/ または下のコメント欄にご記入ください。

送信
ユーザーレビュー
0 (0 票)