タイの一週間を振り返る。先週のタイの全国ニューストップ5

ここでは、トップを見てみましょう。 ナショナル 先週の9月14日から20日までの記事を、コメント付きで紹介しています。重要度は特にありませんが、掲載日順に掲載しています。

1.タイの破産裁判所が本日、タイ航空の再生計画を承認、航空券の払い戻し方針を含む

タイ国際航空公社(Thai Airways International Public Company Limited)の事業再生の申立書を数ヶ月間検討した結果、タイの破産裁判所は、債務再編、飛行ルートと航空機全体の改善、航空会社に関連する事業会社の戦略の改善、会社の商業戦略と収益性の改善、組織構造の縮小などを含む再生計画に正式に許可を与えた。また、同社が説明しているように、未使用の航空券を所有しているすべての人を対象に、新たな便利な航空券の払い戻し政策を実施する。債務整理の手続きをしなくても、計画的に払い戻しを受けることができる。

タイの破産裁判所が本日、タイ国際航空の再生計画を承認、航空券の払い戻し規定を含む

2.国民経済を後押しするために、今年11月に予定されているタイの祝日が増える可能性が高い。

9月初旬に延期されたソンクラーンの祝日の代わりに4日間の週末が設けられたことで、パタヤを含む多くの観光都市や場所が再び賑わいを見せています。プラユット・チャンオチャ首相は、国内観光と経済を活性化させるために長い週末を設けることを提案し、現在政府の委員会で検討されています。ウィサヌ・クレアインガム副首相はその後、報道陣に対し、週末は土日を含む4日間の休日になる可能性があり、11月上旬にも追加される可能性があると語った。

国民経済を後押しするために、今年11月に予定されているタイの祝日が増える可能性が高い

3.タイ政府、今年10月から「特別観光ビザ」スキームで長期滞在の外国人観光客を受け入れることを原則承認

この話題は、承認が発表されるや否や、タイに戻りたいと考えている潜在的な長期滞在の外国人観光客の注目を集めている。コビド-19の蔓延抑制のための政府の要件と行動に合格した外国人のみが、2,000バーツの費用で90日間、2回まで延長可能で累積270日間の特別観光ビザの申請が認められることになった。この実施は今年10月までに開始される予定です。一方、発表された当初の詳細については、以下の記事を参照されたい。

タイ政府、今年10月から「特別観光ビザ」スキームで長期滞在の外国人観光客を受け入れることを原則承認

4.タイが英国の「検疫対象外」の旅行回廊リストに追加された。

タイがイギリスの「旅行回廊」免除リストに入れられたのは、タイからの観光客や観光客が14日間の自粛をせずに渡航できるようにするためのもので、おめでとうございます。旅行回廊」に登録された国、地域、地域は、感染者数や死亡者数、検査能力、地域社会でのウイルスの蔓延状況などに応じて追加されます。このリストは、コビド19の国内拡散を抑制する可能性が国際的に認められていることから、タイにポジティブな側面を与えています。これは、しかし、この動きが互恵的であることを意味するものではありません。

タイが英国の「検疫なし」旅行回廊リストに追加された。

5.タイの親民主派がバンコクで一夜限りの抗議行動で民主主義改革策への圧力を強める

タイで最も話題になったのは、この週末にバンコクのサナムルアンで行われた一夜限りの大規模な集会以外の何ものでもなかったはずだ。この気合の入った、しかし平和的な集会は、元「赤シャツ」の抗議者や元政治指導者を含む、国中から集まった民主化賛成派の大群衆によって精力的に運営されました。これは、2014年のクーデターでプラユート・チャンオチャ首相が政権を奪取した後のバンコクでは、これまでで最大の反政府デモであると主張されていました。抗議の指導者たちはまた、木曜日には、政府庁舎の前で新憲法の起草を検討するよう国会議員に圧力をかけるために、別の政治運動を計画している。

タイの親民主派がバンコクで一夜限りの抗議行動、民主主義改革策への圧力を強める

今週は以上です、いつもながらパタヤニュースを読んでいただきありがとうございます

送信
ユーザーレビュー
0 (0 票)