特集です。#L外国人観光客のいないタイ・パタヤの観光事情 その3

特にソイ7は大打撃を受けています。

タイ・パタヤの#lifeaftourismを紹介するシリーズ第3弾です。 

パタヤは昨年、約1000万人の外国人観光客と約700万人の国内観光客が訪れ、世界で19番目に訪問者数の多い都市となりました。パタヤはそのGDPのほぼ全てを観光に依存しています。コビド19の大流行が全世界に影響を与えているため、タイは当面の間、外国人観光客の入国を禁止しています。公式には、タイは現地ではコビドフリーです。制限は非常に少なく、ナイトクラブや映画館、スポーツイベントもオープンしています。しかし、観光客が少ないため、観光地の風景は荒涼としたものとなっています。パタヤはナイトライフで世界的に知られていますが、地元の企業は国境が閉ざされた状態でどれだけ長く持ちこたえることができるのかと考えているため、今では街は静かです。

駐在員向けのバーやタイ中心の会場など、一部の場所は大丈夫です。しかし、パタヤの大部分はパンデミックと国境の閉鎖が全ての分野に影響を与えています。それはパタヤが知られている何千ものバーだけではありません。観光業への影響はレストラン、ホテル、観光地、公共交通機関、歯医者、医療観光に頼っている病院、バーを建てた建設労働者、マッサージ店、衣料品店、修理工場などにも影響を与えています。

写真を見ながら話しましょう。

かつてパタヤの観光客でいっぱいの交通量の多い道路は、今では夜のゴーストタウンになっています。
いつもは賑やかなソイシックスの赤信号エリアには、閉鎖されたバーが次々と立ち並んでいます。
都市部のコンビニエンスストアも客足が途絶えて閉店しているところが多い。
かつての人気と評価の高いインド料理店が、今では閉鎖された国境の犠牲者となっています。
放置されたバイクタクシー乗り場。多くのドライバーが諦めて故郷の地方に帰っている
かつて人気のあったマンションの営業所は、現在は廃墟と化しています。
  • タイ料理店は、多くのタイ人が街を離れてしまったため、崩壊から安全ではありませんでした。
    いくつかの地域では、複合施設全体のほぼすべての店舗が、どの部門に関係なく閉店しています。
    中国でパンデミックが勃発した時から、まだいくつかの兆候があり、国への支持を示しています。
    特にソイ7は大打撃を受けています。
    廃墟と化したツアーブースや閉店した飲食店はお馴染みの光景
    街中にある両替所のブースが閉まっています。開いているブースを探すのが大変です。
    運が尽きた。

      近い将来、次のセットにご期待ください。

 

送信
ユーザーレビュー
4.44 (9 票)